東京23区の子育て支援について解説!自治体ごとの支援制度もご紹介

子育て2

これから東京23区で子育てを始めるご家庭にとって、どのような子育て支援制度があるのか気になるところではないでしょうか。

支援制度の詳細については各自治体で違いがありますが、まずは東京都で行っている子育て支援制度の内容を把握しておくと安心です。

この記事では、東京都の主な子育て支援制度の内容や、東京23区の一例として豊島区・港区・渋谷区などの子育て支援制度の内容をご紹介します。

東京都の主な子育て支援内容と特徴的な支援制度の例

まずは、東京都が行っている主な子育て支援制度の内容についてご紹介します。

児童育成手当

児童の福祉の増進を図るため、ひとり親家庭の児童や障害を持つ児童に対して児童育成手当(13,000円程度)を支給する制度です。

各自治体が条例を設置して実施している事業であるため、対象・金額などの詳細は各自治体のHPをご確認ください。

参考:東京都福祉保健局 公式HP(児童育成手当)

児童扶養手当

ひとり親家庭の生活の安定と自立の促進を促し、児童の福祉の増進を図るために国が実施している制度です。

親の離婚・死亡などによりひとり親家庭となった児童の監護者(父・母など)に対し、月額約43,000円を支給する制度です。

手続きはお住まいの自治体の役所窓口で行います。

対象・支給額などの詳細は東京都福祉保健局、手続きについてはお住まいの自治体のHPをご確認ください。

参考:東京都福祉保健局 公式HP(児童扶養手当)

妊婦健康診査の検査費用の一部助成制度

妊婦健康診査の費用は基本的に全額自己負担ですが、東京都内の自治体では、検査費用の一部を助成しています。

自治体に妊娠届を提出すると、妊婦健康診査の受診票が交付されます。

その受診票を都内の病院や医院の受付に事前に提出し、健診を受けることで、検査費用が助成されて無料になります。

妊婦健康診査についての公費負担の助成回数は14回で、検査内容によっては一部有料になることもあります。

詳しくは、お住まいの自治体へお問い合わせ下さい。

参考:東京都福祉保健局 公式HP(妊娠がわかったら)

医療費助成制度

妊婦や子どもを対象とし、医療費の自己負担分の一部を助成する制度です。

「妊娠高血圧症候群などの医療費助成」「乳幼児医療費助成制度(マル乳)」「義務教育就学児医療費の助成(マル子)」など、さまざまな制度があります。

制度を利用する際には医師の意見書・所得証明書などを含む各種手続きが必要です。

詳しくはお近くの保健所または福祉保健局の医療費助成主管課にお問い合わせください。

参考:東京都福祉保健局 東京都こども医療ガイド

各種保育所・幼稚園等保育料の助成制度

各種保育所・幼稚園などの保育料を助成する制度です。

助成金額は差額助成・月額助成などさまざまで、利用にはお住まいの自治体への申請が必要です。

詳しくはお住まいの自治体の公式HPをご覧ください。

また、東京23区の中にはこんな支援制度を設けているところもあります(詳細は各自治体へお問い合わせください)。

各区の子育て支援制度事例3選~豊島区・港区・渋谷区~

では、各区は具体的にどのような子育て支援制度を行っているのでしょうか。

いくつかの区の制度をピックアップしてご紹介します。

豊島区

妊婦の方に安心して出産してもらうことを目標に、「ゆりかご・としま事業」を行っています

妊婦の方には助産師・保健師による「ゆりかご面接」を、出産後にはこども家庭支援ワーカーによる「おめでとう面接」を全員に行い、その後誕生お祝い品をお送りします。

東部子ども家庭支援センター・西部子ども家庭支援センターと周辺駅のバス停の間を運行する「フットワークバス」も無料で利用でき、送迎・預かりなどを有償ボランティアに依頼できる「ファミリー・サポート・センター事業」も行っています。

港区

各種保育園はもちろん、子育てについて相談できる「子ども家庭支援センター」やおおむね3歳までのお子さま・保護者が無料で利用できる「子育てひろば あっぴぃ」、アリーナ(体育室)や音楽室、ローラーブレード場などがそろった「子ども中高生プラザ」など、子どもがのびのびと遊べる施設が充実しています。

また、病気の急性期または回復期にあるお子さまを専用スペースなどで預かり、一時保育を行う「病児・病後児保育」も利用可能。

区内在住者は1日2,000円で平日8:30~17:30の間預けることができ、事前に各保育園または区役所担当課窓口にて事前登録が必要です。

渋谷区

子ども1人の出産につき、最大10万円を支給する「ハッピーマザー出産助成金制度」を行っています。

また、「リフレッシュ一時預かり保育『SKIP(スキップ)』」は、3ヶ月~就学前までのお子さまを理由を問わず預かる制度です。

2日前までの予約が必要ですが、「リフレッシュしたいけれど誰の手も借りられない…」という時にも助かりますよね。

ダンスや音楽などを楽しむ子どもたちに向け、各分野の第一線で活躍するクリエイターと交流する機会を提供する施設「代官山ティーンズ・クリエイティブ」や、毎月第2・4日曜日に区内の公衆浴場を開放する「親子ふれあい入浴デー」も行われています。

充実の子育て支援制度。お住まいの自治体の制度も確認を

各種手当や助成制度など、東京23区は子育て支援に関するさまざまな政策を行っています

詳細はお住まいの自治体によって変わりますが、基本的な支援制度は各自治体にあり、そのうえで子育てに役立つサービス・施設など地域ごとに特色があります。

ぜひ一度、お住まいの自治体のHPをご確認ください。

子どもの小学校の学区で賃貸を探すなら、ママ賃貸がオススメです。

東京の保育園からお部屋を探す

東京の幼稚園からお部屋を探す

東京の小学校からお部屋を探す

東京の中学校からお部屋を探す