妊娠して退職した人向け。再就職をしたい!子供の年齢別に雇用形態など分析してみた

ランドセル少女

今回は妊娠して産休では無く退職を選び、子供がある程度大きくなったら幼稚園や小学校に通った頃にまた新たに再就職、という方向けのコラムになります。

子育てのブランクがあり再就職、そして子供の年齢によってどんな再就職先がいいのか、フルタイムのメリットや時短勤務の必要性など検証していきます。
このコラムを読めば、子供が何歳の時にどのような時間区切りが必要か、また子供の下校時間は何時でその帰宅に仕事をどこまで合わせれば良いのかがわかります。

妊娠して退職。退職時のシチュエーションは?

妊娠して退職

妊娠して退職するには色々な場面があると思います。例えば以下が挙げられます。

  • 妊娠したが、職場が産前産後休暇や育児休暇を受け入れる体制が無かったのでそのまま退職。
  • 妊娠し、職場は産前産後休暇や育児休暇を受け入れる体制があり取得したが、復帰する仕事内容が無くなっている、または他の人に引き継がれており仕事が無くそのまま育児休暇後退職
  • 育児に何年かはじっくり時間をかけたかったので産休を取って職場復帰を選ばずスッパリと退職

産前産後給付金、育児休業中に受け取れるお金は下記で詳しく解説しています。


一口に妊娠して退職と言っても色々な事情がありますが、上記の記事を見て自分が該当するなら、できるだけ家計を助けるお金はあるに越したことはないですよね。
子供は授かりものですが、未来の計画を立てることも大事ですね。

子供がまだ0歳で再就職?それとも3歳?小学校に上がる6歳?

生まれたての赤ちゃん

妊娠で一旦退職をして、いつから再就職をするかという問題があります。

収入が無いと家計が回らないという時は、6ヵ月から再就職するという場合や、子供が幼稚園の間は家に居て小学校に上がるタイミングでパート勤務など、何歳で再就職するかによって生活スタイルもがらりと変わってきます。

子供が0歳で保育園に入れて再就職

赤ちゃんの足

出産して1年以内に再就職するパターンです。
この場合はもし育児休暇が取れるなら退職せずに育児休暇を取って復帰する方がメリットがあるのですが、入社1年に満たず妊娠してしまったり、色々な事情で取得できない場合このようなケースもあります。

保育園は18:00~19:00ごろ、またはそれを超えても預かってくれるところがあるので、家計が苦しい場合は兼業主婦としてフルタイムで働くこともありです。
ただし、お子さんがまだ産まれたばかりで調子が悪くなったり熱を出すこともあるので、病院に通院の為の遅刻やお休みが融通の利く会社ですとベストです。

また、どうしても出勤しなければいけない場面も沢山あるので、病児保育はチェックしておきましょう。

子供が3歳で幼稚園入学もしくは保育園で再就職

幼稚園

子供が3歳になって幼稚園入学ができるようになったら再就職するという場合は、幼稚園は14:00ごろで終わりになることが多いのでお迎えに行ったり、家で一緒に過ごしたりすることが必要になるので、14:00までの勤務のパートなどを選ぶことになるのが多いと思います。

そして、幼稚園は親が参加する行事が多いので定期的にお休みや早退が必要になることもあります。
また、保育園の場合は18:00~19:00ごろ、もしくはそれ以上預かることも可能なのでフルタイムで兼業主婦として復帰することもありでしょう。

その場合0歳で再就職の場合と同じように病児保育をチェックしておくと良いでしょう。

子供が6歳の小学校入学タイミングで再就職

小学校入学

子供が6歳になって小学校入学とともに再就職するパターンです。

できれば入学初期の1年生は3時限など短時間で下校することも多いので、しばらく様子を見て下校時間が遅めになってきたら再就職して兼業主婦になるのも良いでしょう。
小学校には放課後に児童館がありますのでそれを利用するのも手です。

また、子供と居る時間はしっかりコミュニケーションを取って学校のことを聞いたりする時間を持つのも大事です。
子供が学校や親の不在の寂しさで思わぬストレスを抱えている場合もあるからです。

また、これは小学校に上がる前から働いている方のケースですが、今まで保育園で長く預かって貰って小学校で下校時間が早くなったり親が出席する行事が多くなり親の負担が増えることを「小1の壁」と言います。

色々なモデルケースを参考にして、子育て兼業主婦の再就職を乗り切ろう

子育て

いかがでしたでしょうか。
子供が何歳で職場復帰するかで色々と状況や時短勤務の必要があったりする年齢がおわかりになったかと思います。
また、お子さんが小さな時は保育所や病児保育、小学生になったら放課後は利用できるのが児童館など、子供を預かってくれる施設も変わってきます。

働いている間の子供のストレスケアには留意しつつ、学費や生活費を稼ぐための仕事は欠かせないですよね。
仕事と家庭、上手にバランスをとりながら、充実した生活を過ごして下さいね。

テキスト:新谷 佳子

子どもの小学校周辺でお部屋を探すなら、ママ賃貸がオススメです。