横浜市保土ケ谷区の子育て支援制度は?教育機関やおすすめのお出かけスポットもご紹介

横浜市保土ヶ谷区

横浜市保土ケ谷区はJR横須賀線・湘南新宿ラインと相模鉄道の相鉄線が通り、横浜や品川、新宿などの都内主要駅へ出やすいエリアです。

また、保土ケ谷区は幼稚園や小学校などの教育施設が充実しているだけでなく、共働き世帯が暮らしやすい環境も整っています。

この記事では、横浜市保土ケ谷区の治安状況や買い物環境などの暮らしやすさをはじめ、教育環境や子育て支援制度、おすすめのお出かけスポットなど子育て世帯が気になる情報を紹介します。

横浜市保土ケ谷区の子育て環境

まずは横浜市保土ケ谷区の子育て環境をご紹介します。

子どもの人口

2021年3月末時点の横浜市保土ケ谷区の0~14歳の子どもの人口は22,341人です。

保土ケ谷区の人口全体の10.9%に該当します。

参考:横浜市公式サイト-「令和3年3月末日現在の人口及び世帯数」

教育施設の数

横浜市保土ケ谷区の教育施設の数は下記のとおりです(2018年度時点)。

幼稚園 15園
小学校 21校
中学校 10校
高等学校 5校

参考:e-Stat・政府統計の総合窓口-横浜市保土ケ谷区のデータ

なかでも初音丘幼稚園は自然に囲まれた広い園庭があり、木の大きな複合遊具で思い切り身体を動かすことができます。

また、18時半まで預かり保育をおこなっているので、共働き世帯も通いやすい環境です。

参考:初音丘幼稚園

保土ケ谷区にある病院

保土ケ谷区には総合病院や診療所など多くの医療機関が集まっています。

相鉄線上星川駅から徒步15分のところにある横浜保土ケ谷中央病院は、内科や外科、小児科などを備える総合病院です。

健康診断もおこなっており、要治療と診断された場合も多数の診療科を備えているため診察がスムーズです。

参考:横浜保土ケ谷中央病院

保土ケ谷区の買い物環境

2021年5月現在、保土ケ谷区にはスーパーが約31店舗、コンビニエンスストアが約66店舗あります。

なかでもイオン横浜和田町店は、相鉄線和田町から徒步4分のところにあるスーパーです。

食料品だけでなく、ワインや日本酒などのお酒も充実しています。

保土ケ谷区の治安状況

保土ケ谷区で2020年1年間に発生した犯罪件数は、合計1,119件でした。

自転車窃盗や車上ねらいなどの窃盗が多く発生しています。

自転車は駐輪場に停め、敷地内であっても施錠管理はしっかりするようにしましょう。

参考:神奈川県警察-「刑法犯罪名別 市区町村別認知件数」

保土ケ谷区にある公園

保土ケ谷区には166ヵ所の公園があります。

なかでも横浜市児童遊園地は、140,842平方メートルある広大な敷地の公園です。

元来の地形を活かして整備されているため、公園内は傾斜が多く樹木が生い茂っています。

のびのび遊べる遊具がある広場や池、芝生広場などがあり、親子で楽しめる公園です。

隣にはこども植物園があり、サボテンやバラなどを観察できます。

参考:横浜市公式サイト-「横浜市の都市公園 データ集」

横浜市保土ケ谷区の子育て支援制度

横浜市保土ケ谷区の子育て支援制度を3つご紹介します。

子ども会

保土ケ谷区では、子どもたちが地域の伝統や特色を活かして、さまざまな行事をおこなう「子ども会」があります。

バザーや子ども大会、ジュニアリーダー養成研修会などでは、子ども会同士の交流もおこなわれています。

学年を超えて交流できるので、先輩から学んだり後輩をサポートしたりする力も自然と身につくでしょう。

参考:横浜市保土ケ谷区公式サイト-「子ども会」

保土ケ谷区赤ちゃん教室

赤ちゃんを育てている方は、外出しにくく、孤独になりがちです。

保土ケ谷赤ちゃん教室では、子育ての相談をできる仲間を見つけたり、育児相談をしたりできます。

開催は月に1回程度で、地域の町内会館などでおこなわれます。

参考:横浜市保土ケ谷区公式サイト-「保土ケ谷区赤ちゃん教室」

こっころ

相鉄線星川駅から徒步4分のところにある「こっころ」は、保土ケ谷区に暮らす子育て世帯を支援する施設です。

施設内には赤ちゃんが安全に遊べるスペースや、食事ができるスペースなどがあります。

また、子育てや保育園入園の悩みなどを相談できる機会もあるので、子育て世帯にとって強い味方です。

参考:「保土ケ谷区地域子育て支援拠点こっころ」

横浜市保土ケ谷区の待機児童数

横浜市保土ケ谷区の待機児童数は、2021年4月1日時点で0人を達成しました。

比較的保育園に預けやすい環境であるため、共働き世帯にとって子育てしやすい街です。

参考:横浜市公式サイト-横浜市の保育所等利用待機児童数について(令和3年4月1日現在)

ママ賃貸

横浜市保土ケ谷区で子育てにおすすめな施設

横浜市保土ケ谷区にあるおすすめの施設を3つご紹介します。

地域のコミュニティカフェ ニャトワン

相鉄線上星川駅から徒歩5分のところにある地域のコミュニティカフェ ニャトワンは、手作り体験がいつでも楽しめる地域のサロンです。

不定期で手作り作家による体験イベントも実施しており、宝石石鹸やバスボム作りなど、自分ではなかなかできない作品を作れます。

ドリンクや軽食も楽しめるので、親子でランチついでに訪れるのもおすすめです。

参考:いこーよ-「地域のコミュニティカフェ ニャトワン」

川島町公園こどもログハウス

川島町公園にあるこどもログハウスは、子どもが木のぬくもりを身近に感じながら、自由に集い遊べる屋内公園施設です。

ログハウス内には吊橋や丸太渡り、ネット階段などワクワクする遊具があります。

また、ボランティア団体による絵本読み聞かせや、季節のお祭り、工作体験などさまざまな取組もおこなっています。

参考:「川島町公園こどもログハウス」

神奈川県立保土ケ谷公園

相鉄線星川駅または和田町駅から徒歩15分のところにある神奈川県立保土ケ谷公園は、神奈川県内で初めてつくられた運動公園です。

野球場である保土ケ谷球場、ラグビー場、サッカー場や屋外プールなどのスポーツ施設が入っています。

スポーツだけでなく、120本を超える梅園では梅まつりがおこなわれ、かながわの花名所100選にも選ばれた自然豊かな公園です。

参考:「神奈川県立保土ケ谷公園」

横浜市の子育て支援制度一覧

保土ケ谷区の子育て制度だけでなく横浜市の子育て支援制度も活用できます。

ここでは主な制度をご紹介します。

産前産後ヘルパー派遣事業

出産の前後は、女性の身体は急激に変化します。

横浜市では、体調が悪く子育てに支障がある方や、サポートが受けられず助けが必要な方に対し、育児や家事を手伝うヘルパーを派遣しています。

利用料は1回2時間以内で1,500円と、家事代行サービスやベビーシッターよりもお手頃な金額です。

参考:横浜市公式サイト-「産前産後ヘルパー派遣事業」

JR通勤定期券割引

会社から通勤手当が支給されない場合、毎月の定期代は家計の負担です。

横浜市では、児童扶養手当を受給している場合、JRの通勤定期乗車券を3割引で購入できます。

児童扶養手当と証明写真などをそろえて、特定者用定期乗車券購入証明書の交付を受けると、定期購入時に割引されます。

参考:横浜市公式サイト-「JR通勤定期券割引」

子育て広場

横浜市では、市内の認定こども園や保育所の園庭を開放し、育児講座や交流保育をおこなっています。

子育てをしている保護者同士で話せたり仲間づくりができたりするので、「子育てのことを話せる仲間が欲しい」方にもおすすめです。

参考:横浜市公式サイト-「こんにちは赤ちゃん訪問員」

まとめ

横浜市保土ケ谷区は、スポーツを楽しめる大きな公園や、室内でのびのびと遊べるログハウスなど子育て世帯が楽しめるお出かけスポットが充実しています。

保育園の待機児童は0人を達成しているので、共働き世帯にとっても暮らしやすい街です。

神奈川県でどのエリアが子育てによいのか悩まれている方は、この機会に横浜市保土ケ谷区を検討してみてください。

横浜市保土ケ谷区で賃貸を探すなら、ママ賃貸がおすすめです。

ママ賃貸フリーダイヤル