横浜市神奈川区の子育て支援制度は?待機児童数やおすすめのお出かけスポットもご紹介

横浜市神奈川区

横浜市神奈川区は横浜に出やすく、ターミナル駅の東神奈川駅があるエリアです。

教育施設や公園などのお出かけスポットなどが充実した子育て世帯が暮らしやすい街です。

待機児童数ゼロを達成しているので、共働き世帯も安心して暮らせます。

この記事では、横浜市神奈川区の治安状況や買い物環境などの暮らしやすさをはじめ、教育環境や子育て支援制度、おすすめのお出かけスポットなど子育て世帯が気になる情報をご紹介します。

横浜市神奈川区の子育て環境

まずは横浜市神奈川区の子育て環境をご紹介します。

子どもの人口

2021年3月末時点の横浜市神奈川区の0~14歳の子どもの人口は27,491人です。

神奈川区の人口全体の11.4%に該当します。

参考:横浜市公式サイト-「令和3年3月末日現在の人口及び世帯数」

教育施設の数

横浜市神奈川区の教育施設の数は下記のとおりです(2018年度時点)。

幼稚園 13園
小学校 21校
中学校 11校
高等学校 8校

参考:e-Stat・政府統計の総合窓口-横浜市神奈川区のデータ

なかでもニューライフ幼稚園は、0歳からの未就学児サポートとして、園の開放サービスをおこなっています。

また、卒園してからも小学生の預かり支援や学研をおこなっており、放課後の居場所を提供しています。

参考:ニューライフ幼稚園

神奈川区にある病院

神奈川区には総合病院や診療所など多くの病院が集まっています。

JR東神奈川駅から徒步5分のところにある済生会神奈川県病院は、1913年に開設された歴史ある病院です。

内科や外科をはじめ、皮膚科や眼科など、さまざまな診療科を備える総合病院です。

参考:済生会神奈川県病院

神奈川区の買い物環境

2021年5月現在、神奈川区にはスーパーが約40店舗、コンビニエンスストアが約110店舗あります。

なかでもイオンスタイル 東神奈川店は、食品フロアが23時まで営業しているので、帰宅時間が遅い方にとっても便利です。

神奈川区の治安状況

神奈川区で2020年1年間に発生した犯罪件数は、合計1,350件でした。

自転車窃盗や万引きなどの窃盗が多く発生しています。

一方、空き巣などの侵入窃盗の件数は少ないので、基本的には安心して暮らせるエリアです。

参考:神奈川県警察-「刑法犯罪名別 市区町村別認知件数」

神奈川区にある公園

神奈川区には156ヵ所の公園があります。

なかでも三ツ沢公園は、286,976平方メートルある広大な敷地の公園です。

国体やオリンピック東京大会に使用された会場で、Jリーグなどがおこなわれる三ツ沢球技場なども備えています。

園内には桜が多く植えられており、春には花見の名所として知られています。

参考:横浜市公式サイト-「横浜市の都市公園 データ集」

横浜市神奈川区の子育て支援制度

横浜市神奈川区の子育て支援制度を3つご紹介します。

すくすくかめっ子事業

すくすくかめっ子事業は、地域の親子が交流する場を提供する神奈川区の子育て支援事業です。

特別なプログラムはなく、予約不要で気軽に参加できるので、子どもの体調に合わせて参加できます。

月齢の近い子どもの友だち作りや、育児相談ができる仲間をつくる場としておすすめです。

参考:横浜市神奈川区公式サイト-「すくすくかめっ子事業」

ちゅーりっぷ

子育てをしていると、子どものわがままにイライラしたり、怒ってしまう自分にガッカリしたりするケースがあります。

「ちゅーりっぷ」は、神奈川区が開催しているカウンセラーによる子育てに関するグループミーティングです。

同じような子育ての悩みや不安を抱える方の話を聞いたり、自分の気持ちを話したりして発散できます。

別室で保育もおこなっているので、気軽に参加してみましょう。

参考:横浜市神奈川区公式サイト-「ちゅーりっぷ」

かなーちえ

かなーちえとは、マタニティの方から未就学までの親子の交流や支援をおこなう施設です。

出入り自由の親子のひろばや、専門相談員による子育ての悩み相談などをおこなっています。

産後の骨盤体操教室やおもちゃ修理サービスなど、地域のボランティアによるさまざまなイベントも開催しています。

参考:神奈川区地域子育て支援拠点かなーちえ-「かなーちえ」

横浜市神奈川区の待機児童数

横浜市神奈川区の待機児童数は、2021年4月1日時点で0人を達成しています。

保育園に預けやすい環境であるため、共働き世帯にとって子育てしやすい街です。

参考:横浜市公式サイト-横浜市の保育所等利用待機児童数について(令和3年4月1日現在)

ママ賃貸

横浜市神奈川区で子育てにおすすめな施設

横浜市神奈川区にあるおすすめの施設を3つご紹介します。

横浜市民防災センター

横浜駅から徒步10分ほどのところにある横浜市民防災センターは、市民に対する防災教育のための施設です。

施設ではインストラクターによる体験プログラムもおこなわれています。

地震や火災を体験できるツアーや、風水害を体験できるプログラムなど、もしものときに活かせる知識を身につけることができます。

参考:「横浜市民防災センター」

DADWAY PLAYSTUDIO横浜

横浜ベイクォーターにあるDADWAY PLAYSTUDIO横浜は、室内で思い切り身体を動かせる遊具やおままごと、テントコーナーなどで遊べる施設です。

普段目にしない海外の遊具に触れることで、新たな興味を引き出せます。

親子で食事ができるカフェも併設されているので、雨の日でも1日楽しめます。

参考:DADWAY-「DADWAY PLAYSTUDIO横浜」

子安台公園

京急生麦駅から徒步13分ほどのところにある子安台公園は、木々が多く遊歩道がある公園です。

高台に位置するので、横浜の街やベイブリッジなどを一望できます。

滑り台や砂場、休憩できる屋根付きベンチなどがあるので、親子でのんびり遊べるスポットです。

参考:フューチャーリンクネットワーク-「子安台公園」

横浜市の子育て支援制度一覧

神奈川区の子育て制度だけでなく、横浜市の子育て支援制度も活用できます。

ここでは、主な制度をご紹介します。

私立幼稚園等はまっ子広場

横浜市では、幼稚園などの園庭や園舎を地域の未就学児親子に開放する子育て支援事業をおこなっています。

安全な環境で月齢の異なる在園児との触れ合いや、育児相談ができ、子育て親子の交流の場とされています。

実施園は、横浜市の公式サイトをご確認ください。

参考:横浜市公式サイト-「私立幼稚園等はまっ子広場」

横浜子育てサポートシステム

横浜市では、子どもを預かって欲しい方と預かる方をつなげる「横浜子育てサポートシステム事業」をおこなっています。

会員登録をし、近隣の方で条件が合う方がいれば、双方合意のうえでサポートを依頼できます。

預かりの理由は就労だけに限らず、美容院や買い物などのリフレッシュ時間を確保するためでも可能です。

参考:横浜市公式サイト-「横浜子育てサポートシステム」

横浜子育て家庭応援事業(ハマハグ)

横浜市では、小学生以下の子どもがいる家庭やマタニティの方を対象に、提示すると割引や優待などを受けられる横浜子育て家庭応援事業(ハマハグ)を実施しています。

キッズメニューの割引やノベルティプレゼント、ベビーカー入店の許可などさまざまな優待を受けられます。

登録証(ハマハグカード)を取得するためには、パソコンやスマートフォンからの登録が必要です。

参考:横浜市公式サイト-「横浜子育て家庭応援事業(ハマハグ)」

まとめ

横浜市神奈川区は、広大な敷地の公園や雨の日でも遊べる室内遊戯場など、親子でお出かけできるスポットが充実しています。

待機児童ゼロも達成しているので、共働き世帯にとっても暮らしやすい街です。

神奈川県でどのエリアが子育てに良いのか悩まれている方は、この機会に横浜市神奈川区を検討してみてください。

横浜市神奈川区で賃貸を探すなら、ママ賃貸がおすすめです。

ママ賃貸フリーダイヤル