横浜市旭区は子育てしやすい?自然環境や教育支援制度などをご紹介

横浜市旭区

横浜市旭区は横浜市の西部に位置し、自然が豊富にあり落ち着いて暮らせる街です。

こども自然公園やよこはま動物園ズーラシアをはじめとしたおでかけスポットも多く、自然環境にも恵まれているので、子どもがのびのびと遊べます。

また豊かな自然だけでなく歴史的な名所も数多くあります。

この記事では、横浜市旭区の治安状況や買い物環境、子育て支援制度やおすすめのお出かけスポットなど子育て世帯が気になる情報をご紹介します。

横浜市旭区の子育て環境

まずは横浜市旭区の子育て環境をご紹介します。

子どもの人口

2021年3月末時点の横浜市旭区の0~14歳の子どもの人口は28,195人です。

旭区の人口全体の11.5%に該当します。

参考:横浜市公式サイト-「令和3年3月末日現在の人口及び世帯数」

教育施設の数

横浜市旭区の教育施設の数は下記のとおりです(2018年度時点)。

幼稚園 20園
小学校 25校
中学校 14校
高等学校 7校

参考:e-Stat・政府統計の総合窓口-横浜市旭区のデータ

なかでもハツ橋幼稚園は平成20年に認定こども園(幼保連携型)になり、幼稚園と保育園それぞれが持つ良さを活かし、子育て支援の拠点として乳幼児の保育から幼児教育にいたるまで地域のニーズに合わせた教育をおこなっています。

25メートルの温水プールもあり、子どもの運動能力を伸ばす活動も充実しています。

参考:ハツ橋幼稚園

旭区にある病院

旭区には、総合病院や診療所など多くの病院が集まっています。

横浜旭中央総合病院は小児科や婦人科などさまざまな診療科を備える総合病院です。

なかでも365日、夜間休日の救急外来に取り組んでいる小児科は、地域の子育て世帯を支えています。

参考:横浜旭中央総合病院

旭区の買い物環境

2021年6月現在、旭区にはスーパーが約30店舗、コンビニエンスストアが約60店舗あります。

二俣川、鶴ヶ峰の各主要駅周辺にはイオン、ライフ、いなげやなどのスーパーやドラッグストアがあり、食料品や日用品などの買い物にとても便利です。

参考:NAVITIME

旭区の治安状況

旭区で2020年1年間に発生した犯罪件数は、合計1169件でした。

治安は悪くはありませんが住む地域によっては駅から遠くなると暗い道が多いので、事前に確認しておきましょう。

参考:神奈川県警察-「刑法犯罪名別 市区町村別認知件数」

旭区にある公園

旭区には約203ヵ所の公園があります。

なかでも横浜動物の森公園は、623,423平方メートルある広大な敷地の公園です。

小さい子どもがケガを気にすることなく遊べる芝生広場や砂場、複合遊具、ターザンロープなどがあります。

また横浜動物の森公園は広域避難場所に指定されています。

参考:横浜市公式サイト-「横浜市の都市公園 データ集」

横浜市旭区の子育て支援制度

横浜市旭区の子育て支援制度を3つご紹介します。

応援!あさひっ子もり~子ども・子育て応援特設サイト

応援!あさひっ子もり〜子ども・子育て応援特設サイトは、コロナ禍の新しい生活様式のなかで子育てに悩んだり困ったりしたときに相談できる窓口の紹介や親子のおうち時間の過ごし方などを掲載しています。

パパやママが子育てに悩んだときに頼れるサイトです。

参考:応援!あさひっ子もり~子ども・子育て応援特設サイト

年度限定保育事業

横浜市では1歳児での保育園受入枠が不足している一方で、4、5歳児の枠が定員割れの傾向にあります。

そこで保育所などの空きスペースや余裕のある保育室を活用して、保育所などを利用できなかった1、2歳児を期間限定(1年度)で預かる制度があります。

実施施設での空きがある場合、年度途中からも利用することができ子育て世帯のニーズに応えています。

参考:横浜市年度限定保育事業

ひなたぼっこ

ひなたぼっこは乳幼児とその保護者が遊んだり、交流したりするスペースです。

利用登録をすれば無料で利用することができ、子育てについての相談ができたり、情報を入手できたりします。

また子どもを預ける人が誰もいなくて困っている保護者には、子どもを預かってくれるサポーターを仲介してくれるシステムがあり、地域の頼れる子育て支援拠点となっています。

参考:ひなたぼっこ

ママ賃貸

横浜市旭区の待機児童数

横浜市旭区の待機児童数は、2021年4月1日時点で0人です。

比較的保育園に預けやすい環境であるため、共働き世帯にとって子育てしやすい街です。

参考:横浜市公式サイト-横浜市の保育所等利用待機児童数について(令和3年4月1日現在)

横浜市旭区で子育てにおすすめな施設

横浜市旭区にあるおすすめの施設を3つご紹介します。

こども自然公園

こども自然公園は横浜市のなかでも有数のピクニックスポットです。

池や桜山、万騎が原ちびっこ動物園、バーベキュー広場などがあり、1年を通して豊かな自然を満喫できます。

仕掛けがたくさんある遊具やモルモットやヒヨコなどの小動物が子どもたちに人気です。

参考:こども自然公園

よこはま動物園ズーラシア

よこはま動物園ズーラシアは、世界中の野生動物を展示、飼育、繁殖させている国内でも最大級の動物園です。

子どもたちが動物に興味をもつような展示やイベントもあり、家族で1日楽しめる動物園です。

有料ですがベビーカーの貸し出しをおこなっているので、乳幼児を連れてのおでかけも安心です。

参考:よこはま動物園ズーラシア

フォレストアドベンチャー・よこはま

よこはま動物園ズーラシアに隣接しているアウトドアパークです。

子どもから大人までマイナスイオンたっぷりの森のなかで思いっきり体を動かすことができます。

キッズコースは90cm以上であれば未就学児でもチャレンジできるので、アドベンチャーデビューにももってこいです。

スタッフがついて教えてくれる安全講習もあるので安心して遊ぶことができます。

参考:フォレストアドベンチャー・よこはま

横浜の子育て支援制度一覧

旭区の子育て制度だけでなく、横浜市の子育て支援制度も活用できます。

ここでは主な制度をご紹介します。

放課後キッズクラブ

小学校1年〜6年生の児童に、日曜、祝日年末年始(12月29日〜1月3日)の除き、小学校施設を活用した遊びの場を提供しています。

時短勤務やテレワークなどの保護者の働き方の変化をふまえながら、子どもたちに対して安全安心な放課後の居場所を提供しています。

利用したい場合は、各区の放課後キッズクラブに直接申し込んでください。

参考:横浜市放課後キッズクラブ

ひとり親家庭への支援

生計を支える仕事と子育てを両立するひとり親家庭の親と子どもたちを支援するため、さまざまなサポート制度があります。

フードサポートをおこなうぱくサポや、就業自立支援をおこなうひとり親サポートよこはまなど、それぞれの生活環境や困りごとに合わせた手厚いサポートを受けることができます。

参考:横浜市ひとり親家庭の方への支援

小児医療費助成

0歳から中学3年生までの子どもが病気やけがで医療機関にかかったときに、年齢や所得に応じて保険診療の一部負担金を助成する制度です。

0歳および3歳から小学校3年生までは自己負担額を払う必要がありません。

1歳から2歳では保護者の所得が基準額以下の場合は自己負担額はなし、基準額以上の場合は通院1回につき500円までの窓口負担となっています。

また小学校4年生から中学3年生については、通院1回につき500円までの窓口負担があります。

参考:横浜市小児医療費助成

まとめ

横浜市旭区はさまざまな子育て支援制度を始め、緑豊かな自然環境に恵まれたスポットがある街です。

横浜市のなかでもゆったりのんびりとしたエリアなので、のびのびとした子育てをしたいファミリーにはぴったりです。

横浜でどのエリアが子育てによいのか悩まれている方は、この機会に横浜市旭区を検討してみてください。

横浜市旭区で賃貸を探すなら、ママ賃貸がおすすめです。

ママ賃貸フリーダイヤル