賃貸で最適な子供の部屋や間取りの決め方

家族

1LDKや2LDK、1Rといった言葉を賃貸物件サイトなどでよく見ることは無いでしょうか。1LDKなどの、数字の1やLはそれだけで意味があります。

この間取りを知ってから家族や子供の部屋分けを考えると効率が良くなります。

子供が小さい時は少ない間取りの部屋でも工夫して住むことができますが、大きくなってきた場合はどのような間取りでどんな部屋分けが良いのでしょうか。また、予算的に全ての子供に自分の部屋を与えられない時はどうしたらいいのでしょうか。

では早速、子供の部屋と間取りについて解説していきます。

間取りの数字やアルファベットの意味!「1LDK(ワンエルディーケー)」を分解して解説すると…?

部屋の間取りで良く聞く1LDK。この数字とアルファベットの意味をひとつずつ解説すると、

  • 1…LDK以外に1部屋あるということ。
  • L…リビングの略。住んでいる人がソファやテレビなどを置いてくつろぐメインの空間を指しています。
  • D…ダイニング(食堂)の略。住んでいる人が食事をするための空間です。
  • K…キッチン(台所)の略。食事を調理する場所のことです。

LDKは分解すると上記の意味ですが、これらは数字とくっつけて「○DK」や「○LDK」と表記します。その違いは次で解説します。

LDKやDK、Kなどの違いは?

数字にLDKやDK、Kをつけて使うことがあると書きましたが、それぞれ広さや意味が違います。

  • 1LDK(ワンエルディーケー)…「1」の1つの部屋にLDK(リビングダイニングキッチン)というリビングとダイニングとキッチンが合体した部屋(厳密には部屋では無いですがここではスペースとしての部屋と表現)がもう一つついています。この部屋は合体しているだけあって広めになっています。
  • 2DK(二ディーケー)…「2」の2つの部屋にDK(ダイニングキッチン)というダイニングとキッチンが合体した部屋がついています。LDKとの違いはリビングを兼ねて居ないので、DKの方が広さが狭くなっています。
  • 3K(サンケー)…「3」の3つの部屋と別にK(キッチン)がついています。DKやLDKとの違いは、キッチンのみのスペースなので2畳程度で終わっていたりDKとLDKに比べて狭いことです。
  • 1R(ワンルーム)「1R」はひとつの部屋のみで、KやDK、LDKのように部屋が分かれていません。1Rの中にK(キッチン)がついていることもありますが1つの部屋内で完結しており1とは別にキッチンが独立した部屋として分かれていることはありません。1Rの中にはキッチンがついていない物件もあります。

DKやLDKはついている部屋の数(1LDKの「1」などの先頭の数字)でも広さが変わってきます。詳しくは下記の記事で表付きで解説しています。

KとDKとLDKの違いって?広さは?賃貸探しで知っておきたい間取りの知識!

ママ賃貸

子供が小さい時の間取り

まだ荷物を運び入れていない洋室

最初は節約の為に1LDKもOK

子供がまだハイハイをしていなかったり、小さなベビーベッドで寝かせる場合は、まだ新婚の頃から住んでいる1LDKの部屋の間取りのまま、といったケースも特に問題は無く、よく見られる傾向です。

子供が小さい頃に、間取りが少なくお家賃も安めの部屋に住み、更新のタイミングで広い間取りの部屋に住み替える、といった方法を取るのもOKです。

2年経つと子供の行動範囲も広がり、遊具やモノも増えてきますので、その際に間取りを考え直すのは理にかなった方法です。

ご主人や自分が夜勤のある仕事の場合、安眠を確保できる場所が必要

ご主人が工場勤めで夜勤がある、自分が産休明けで働く看護師で夜勤がある、といった場合はどちらか一方が世話をして、一方が別の部屋で眠れるようにした方が睡眠を確保できます。

その際新婚の頃からの1LDKの間取りでも、どちらかが寝室で寝ている間、子供と世話をする方がリビングで過ごす、でも問題はありません。

ただ、夜勤と日勤で入れ替わりが多く多少節約を度外視しても安眠を確保したい場合は、2LDKの部屋を借り「夜勤の方が寝る部屋」を1部屋しっかり確保した方がいいでしょう。

その際の1部屋は寝るだけの部屋なので、4畳半くらいの小さな部屋でも問題ありません。

これはまた余談ですが、筆者の友人の夜勤のあるお父様は、なんと押し入れで寝ていたそうです。

確かに暗くて静かで、省スペースで寝るには意外と最適です。

しかし、そのお母様が部屋に友達を連れて来た際、気付かないまま部屋に入り、お父様
のいびきが聞こえてきたそうで、気まずい雰囲気になったそうです。

押入れを使う際は気をつけたいものです。

余裕がある家庭は最初から2DKなどを検討

新婚当初から家賃を払うのに余裕のあるご家庭や、地方住まいで家賃が都内ほど張らない場合は、子供の成長を見越して最初から2DK以上の間取りを選択しても良いでしょう。

また、敷金礼金のかかり方に地域差があるので、それによって住み替えがたやすい場合と、最初から家賃の値が張っても敷金礼金を再び払う懸念を避けて住むといったケースの違いもあります。

例えば広島は家賃が地方で安い分、敷金礼金が何ヶ月分か多いのが一般的ですが、東京は家賃が高いものの敷金礼金は何ヶ月もとらないのが一般的です。

ですので、例えば、敷金礼金が何ヶ月もかかるのが一般的な地方は最初から間取りの多い少し高めの部屋に住む、敷金礼金があまりかからない地方は現在必要な最低限の間取りで将来に備えて節約、といったスタイルが良いと思われます。

また、地域差があっても最初から敷金礼金ゼロゼロ物件を選ぶならこの限りではありません。

子供が大きくなりハイハイや歩き出した時の間取りと対策

ハイハイする赤ちゃん

この頃はまだ親と子供の部屋を分けなくてOK

この頃はまだ親と子供の部屋を分ける必要はないので、部屋数が少ない間取りでも問題ないでしょう。

子供は目を離すと何を口に入れるかわからないので、目が届く範囲の場所に一緒にいたいもの。大きすぎる部屋でなくても良い、という都合もあるのです。

広めの部屋に住んでいて、母親が料理をしている隙に、子供が別の部屋でコスメボックスの産毛そりを持ち出して手を切ってしまったということもあります。

家事をしながら子供を見守る為に対面キッチンを検討する

兼業主婦のママがフルタイムに復帰して、子供が大きくなっても、リビングで遊んだりお勉強をするのを、食事を作りながら見守ってあげたりしたいものですよね。

そんな時は、対面キッチンの間取りがオススメです。

料理や洗い物をしながら、リビングの子供の様子を見守ることができたり、時にはリビングのテレビを一緒に見ながら会話することもできます。

対面キッチンがない場合は鏡で代用

対面キッチンは、家賃も少しお高めで、LDKやDKの広さも狭めだと窮屈になるので、場合によっては賃貸を借りる際に検討対象から除外されることがあります。

そんな時は、通常の壁向きキッチンの壁に大き目の鏡を置いたり、貼ったりすると、後ろに居る子供の様子を鏡越しに見守ることができます。

ただし、しっかり目視することも忘れないで下さいね。

子供部屋は何歳から用意、など年齢の目安はある?

子供勉強

子供部屋は何歳からあった方がいいのでしょうか。実は特に何歳からといった目安は無く、その子供によると言えます。

子供部屋があることで自立し成長する子供も居ますし、親や兄弟と一緒の部屋で過ごす方が情緒が安定する子供も居ます。

ただ、平均的に思春期である中学生くらいからパーソナルスペースとしての子供部屋があった方が良いと言われています。

次に、下記で子供部屋のあるメリットとデメリットを見て考えていきましょう。

子供部屋のあるメリットとデメリット

子供部屋のあるメリット

  • 1人で眠れたり整理整頓を自主的にできるようになり、自主性や自己管理能力をはぐくむのに役立つ
  • 思春期の多感な時期は自分のパーソナルスペースを保てると心が安定する
  • 着替えを見られるのが恥ずかしい時、自室で着替えられる

子供部屋のあるデメリット

  • 部屋にこもってゲームをやり過ぎるようになり親が叱ることが増えることも
  • 掃除や整理整頓の癖がつかず、親が掃除をしなければいけない部屋が増える
  • 親の見えない空間でタバコなど、非行に走るようになることも

子供部屋を作るメリットもたくさんありますが、同じだけデメリットもありますね。
自分の部屋を持つことで自主性が育ち自立する子供も居ますが、逆に自由度が高すぎて歯止めが効かず悪い方向にいってしまう子供も居るようです。

では子供部屋を作るにはどんなことに配慮すればいいのでしょうか。
次章で解説していきます。

子供部屋を作るとしたら、どこに気をつける?

いきなり子供の生活全部を子供部屋に移さない

いきなり勉強も寝る場所も何もかも一気に個室でさせるというように全部を一気に変えないことです。

家の中とはいえ、環境が一気に変わると子供も慣れずにとまどうことがあります。
まずは寝る時だけ子供部屋で寝てみるなど、段階的に慣れさせた方がいいでしょう。

そして、勉強を自室でするようになっても、リビングで勉強したくなったらいつでも戻ってこれるようにしていると子供は安心します。

中学生以下だと特に賃貸では子供部屋を作ることは最近ではあまり流行っておらず、リビングに勉強スペースをパーテーションで作ってあげて、親は子供の気配を感じ見守りながら家事をする家庭が多いようです。

子供部屋は必ず親の居るリビングを通るようにし、一日何回かは顔を見えるようにする

子供部屋は、親の居るリビングを必ず通る場所に作りましょう。

家に帰ってきて親の顔を見ずに自室にすぐ入れる子供部屋は、親の目が届かず非行に走る子供が多くなる傾向があるそうです。
また、例えば子供が帰って来た時に「今日は元気がなさそうだな」と子供の顔色で異変に気付くこともできるので、「帰ったら一度顔を見れる」という環境は大事です。

子供が中学生になった時

これからの成長に合わせ間取りを増やすことを検討

中学生ころには、一般的に過半数の子供に子供部屋が必要になってきます。
部屋数の少ないところに住み続けている場合は、思春期で多感な時期に備え、間取りを増やすことを検討しましょう。

大人と別の部屋の確保や、間取りを増やすことが難しい場合は、パーテーションで間仕切りなどで対策してみてください。

子供が二人いる場合の子供部屋対策

子供二人

子供が二人いる場合は、場所の確保と、子供が同性の場合や異性の場合によって部屋の分け方が異なります。

子供部屋に2段ベッドを導入

一番場所をとるのがベッドです。

子供が小さい頃から成長しても使える大きさの2段ベッドを用意しておくと、スペースが倍使えるので役立ちます。

高床の二段ベッドにして下に物を収納するのも良いでしょう。

子供が同性の場合

子供が同性の場合は、中学生になってきた場合も無理に部屋を分けなくても良いでしょう。

お互いのスペースの仕切りにパーテンションや、ベッドにカーテンなどあるとプライバシーが確保されます。

子供が異性の場合

子供が中学生になってきた場合、多感な時期でもあり着替えなどのこともあるので、できれば部屋を分けた方が良さそうです。

家族4人住まいなら3LDKで子供部屋は一人ずつを確保し、子供が独立したら親の作業部屋や書斎に使うこともできます。

しかし、2LDKから3LDKに引っ越すのはなかなか金銭面など現実的に難しい場合もあると思います。

その場合、本棚で間仕切りやつっぱりのパーテンションを使うなど色々対策はできます。

子供が三人以上いる場合

子供3人

3段ベッド、もしくは場所を取らない和室に敷布団を検討

子供が3人以上居る場合は3人それぞれの部屋を賃貸で確保するのは大変です。
広めの子供部屋を一室確保し、3段ベッドの導入を検討した方が良いですが、もういっそのことベッドを使わないという選択肢もあっていいでしょう。

ベッドを使わないとなると、和室に三人布団をしいて川の字に寝るという原始的な方法になりますが、大家族がよく行っている方法です。

なお、布団の際は和室で畳が良いのは、フローリングだと布団の下が結露するからです。

フローリングに布団でも良いですが、その際は結露防止にすのこやミニ畳などを敷きましょう。

広めの部屋を確保し間仕切りなどでプライバシーを確保

3人で3部屋は大変なので、子供部屋は広めの部屋を確保し、パーテンションや本棚の間仕切りで3人以上の場所を確保するのが良いでしょう。

まとめ:家族に合わせて間取りやスペースの確保をしながら快適に生活しよう

いかがでしたでしょうか。

間取り表記の読み方や違い、また子供の成長に合わせた間取りの選び方や部屋の分け方がわかったのではないでしょうか。
子供が小さい場合は1LDKなど部屋数少な目の間取りで、大きくなってきたら住み替えで部屋を増やしたり、増やさなければパーテンションなどで対応など具体的な方法もわかりましたね。

子供も小さくて歩けなかった頃から、やがて趣味や勉強に勤しみ独立して別の場所に住むまでに成長していきます。

それまでに、家族で沢山の思い出を作って子供と快適に暮らせる間取りや部屋を考え、毎日を過ごしていきましょう。

ママ賃貸では、子育てや仕事を頑張る女性の生活が効率的かつ楽になるヒントの記事を引き続き提供していきます。

また、子供が小学校に上がるので小学校の近くで賃貸を探したい、などの場合はぜひ、ママ賃貸で賃貸を探してみて下さい。

ママ賃貸は子供の小学校、中学校の近くで賃貸を探せます。

家事に子育てに大忙しな働く兼業主婦のママさんが少しでも楽に楽しく生活を送れますように、ママ賃貸編集部は応援しております。

ママ賃貸フリーダイヤル