タイムスケジュール報告会で、家族の団結力を高めよう!

家族写真

主婦の皆さん、朝は家族皆の外出でバタバタ、自分も仕事に行って、帰りは幼稚園のお迎えに行って御飯を作って…と息つく暇が無いほど忙しいのではと思います。

そんな忙しい中でも、ご主人の予定や子供が今日幼稚園や小学校であったことを知っていますか?

子供やご主人の近況を知ることは、大切な家族全体のメンタルヘルスを守ることにつながります。

そこで、寝る前の「タイムスケジュール報告会」を設ける提案です。

この時間があることで、家族の支え合いの力がより強く発揮され、家族の自浄作用がたもたれます。

本文で、具体的な「タイムスケジュール報告会」が役だったケースを見ていきましょう。

C子さんの家族の場合。きっかけは子供が元気が無かったこと

C子さんは、育児休暇を経て職場復帰、時短勤務で働く3歳の男の子を持つママです。

毎日16時に仕事を終え、17時には保育園に迎えに行っています。

そんなある日、C子さんがお迎えに来ると子供がぐずって元気がありませんでした。

C子さん「何か保育園であったの?」

と聞いてもなかなか話したがらないので、寝る前に聞いてみました。

すると、

子供「今日○○ちゃん達が遊びに入れてくれなかった」

と話すではありませんか。

泣く子供

C子さんはいつもと違う子供の様子に、次の日保育園に送った際、一番に先生に報告。

先生は子供の園での様子を見てもらい、仲間はずれになっている場面を見つけたら、ひどい時は注意してもらったり、他の子に遊びに誘ってもらうようにフォローしました。

すると、次第にこの問題は解決していきました。

C子さんが子供のサインを見逃さないように始めた「タイムスケジュール報告会」

C子さんは今回のことで、

  • 子供の異変に早めに気付きたい
  • 夜ゆっくりと家族で今日の報告と明日のタイムスケジュール確認をすることで、家族のコミュニケーションを取りたい

と考えるようになりました。

帰宅が遅く会話も少なくなっていたご主人に、今回の子供の仲間外れの件と、タイムスケジュール報告会の時間を取りたいと話すと、それは良い考えだからぜひ時間を取って実行しよう、という話にまとまりました。

「タイムスケジュール報告会」の具体的な方法

あたたかいお茶

C子さんは早速、「タイムスケジュール報告会」の具体的な報告方法を決めました。

  • 今日のよかったこと
  • 今日の悲しかったこと(無い時は無くてもOK)
  • 明日の予定(子供の行事の他に、ご主人様の残業や飲み会などの帰宅時間把握)

上記の3つを簡単に家族で報告しあうことにしました。

21時ごろ、子供のお休み前に15~20分ほど温かいお茶を飲みながら行います。

「タイムスケジュール報告会」の効果

タイムスケジュール報告会を行うと、こんなメリットがありました。

  • 子供がよく喋るようになり、話してスッキリすることで寝つきが良くなった
  • 自分からあまり予定を話さないご主人様のタイムスケジュールが把握できるようになった
  • ご主人は平日は帰宅が遅めなので、寝る前の子供とコミュニケーションが少なかったが、話す時間を確保することで、ご主人様と子供がより仲良しになってきた
  • C子さんも会社や子育てのことを話す時間を設けたことで、癒しと安心感が増した

家族がお互いのタイムスケジュールを把握する時間を持つことで、家族に安心感が生まれたのはとても良いことですね。

忙しさで、寝る前に家族が集まって報告をする時間を取れていないご家庭もあるようです。

少しの時間で家族の連帯感や子供の安心ぶりが違うので、ぜひ試してみてくださいね。

「タイムスケジュール報告会」で、家族の団結力と安心感を高めよう!

仲良し3家族マスコット

いかがでしたでしょうか。子供の眠る前に20分でもタイムスケジュール報告会の時間を取ることは、今日からでも実践できそうな工夫ですね。

忙しい主婦のママさんも、家族全体のスケジュールを把握することは、例えば、以下のようなメリットがあります。

「子供が元気がない理由が聞ける」
→体調不良で元気がないのか、今日幼稚園で嫌なことがあったから元気がないのか原因がわかる
→ケースによって、病院に行く、幼稚園の先生にフォローをお願いするなど対処ができる

「ご主人が明日の晩は飲みで夜遅いのがわかっているので、子供と自分のご飯だけで済ませる」
→3人分のご飯の用意から2人分へ、その日の料理の時短につながる

色々と心の健康を保つのに大事な対処や家事の時短など、素早く行うことができると思います。

ぜひ「タイムスケジュール報告会」を活用して、家族みんなが笑って過ごせる環境をたもちましょう!

ママ賃貸では、子育てや仕事を頑張る女性の生活が効率的かつ楽になるヒントの記事を引き続き提供していきます。

子どもの小学校や中学校の近くでお部屋を探すなら、ママ賃貸がオススメです。

家事に育児に大忙しな働く兼業主婦のママさんが少しでも楽に楽しく生活を送れますように、ママ賃貸編集部は応援しております。