何階に住むべき?間取りは?赤ちゃんがいる家庭におすすめの賃貸物件を解説

赤ちゃんの賃貸おすすめ

赤ちゃんが生まれたら家選びは慎重におこないたいですよね。

賃貸物件の間取りだけでなく、周辺環境や気をつけるポイントをまとめました。

赤ちゃんとの暮らしがより楽しく便利になる賃貸物件の見つけ方を紹介します。

赤ちゃん家庭におすすめの周辺環境

赤ちゃんのいる子育て世帯が新しく住む場所を決めるときには、物件自体だけではなく周辺環境のよさに対しても気を配ってエリアを絞り込むとよいでしょう。

赤ちゃんのいる子育て世帯が暮らしやすい周辺環境には、以下のような特徴があります。

地域に子育て世帯が多く暮らしている

赤ちゃんや小さな子どものいる子育て世帯がたくさん住んでいる地域なら、赤ちゃんがいる家庭が暮らしやすいエリアだと想定できます。

周辺の商店街やスーパーでも子育て世帯向けの商品が充実し、生活面でも利便性が高いはずです。

また、若い人の人口が増えているエリアは、市区町村単位で子育て支援策をおこなっていることもあるため、自治体のホームページで確認してみるとよいでしょう。

なかでも小児医療に対する助成制度や、赤ちゃんへの養育手当を設けている市区町村は子育て世帯に人気があります。

安心して出かけられる公園や緑地が多い

公園が近くにあると赤ちゃんを気軽に散歩に連れて行けますし、近隣のママ・パパとのコミュニケーションも楽しそうですね。

楽しく安全に遊ぶには、その公園の特徴のチェックが大切です。樹木の剪定や害虫駆除、清掃など管理が行き届いているか、遊具が老朽化していて危険を感じないかなど、赤ちゃんを安心して連れて行ける場所かどうかを確かめましょう。

また、子どもがひとり歩きできるようになったときを想定し、公園周辺の交通量や危険箇所(暗い物陰や側溝など)の有無についても確認しておくことが大切です。

おすすめの賃貸

赤ちゃんが家にいることを想定して賃貸物件を探すときは、物件の間取りや広さ、部屋の特徴、どのようなポイントに注目して選べばよいのでしょうか。

赤ちゃんがいる子育て世帯におすすめの賃貸物件の特徴をご紹介します。

和室は赤ちゃんルームに最適

最近はオールフローリングの物件などに人気が集まっていますが、和室があると赤ちゃんと安心して暮らすための強い味方になってくれます。

特にリビングの隣に和室が配置されているか、リビングの一部に畳敷きのスペースがあるような間取りだと便利でしょう。

畳のクッション性は、赤ちゃんを転倒や落下による怪我からも守ってくれますし、座らせたり遊ばせたりするときも堅い床より安心です。

玄関の広さと収納の多さは押さえたいポイント

赤ちゃんを外へ連れて行くときに欠かせないベビーカーですが、とてもかさばります。

賃貸住宅の場合は主に玄関がベビーカー置き場になると予測できるため、間取りを見るときは玄関の広さにも注目しましょう。

また、紙おむつやベビーバスなどのベビー用品をしまう大きめの収納スペースも必要です。

クローゼットや押入れなど収納スペースが豊富かどうかも、間取りチェック時のポイントです。

>>【子どもの年齢別に解説】賃貸で広い玄関がおすすめの理由

2階以上ならエレベーターは必需品

ベビーカーで子どもを外に連れて行くとき、エレベーターがあるかないかでは体力負担や安全性が大きく変わります。

ベビーカーを使わないときでも、子どもを抱っこしたまま階段を往復するのはたいへんです。

2階以上の物件を検討する際は、エレベーターの有無を確認しましょう。

子どもが小さいなら低層階がおすすめ

アパートやマンション選びでは上層階の物件に人気が集まる傾向があります。

赤ちゃんや小さな子どもがいると状況は変わります。

赤ちゃんも幼児になれば走り回ったり飛び跳ねたりしますから、生活音で下の階に迷惑をかけないかと心配になります。

少し先のことを考えて1階の物件を選ぶ子育て世帯も多いです。

もちろん、赤ちゃんを外へ連れて行くときも1階ならかなり楽でしょう。

賃貸で気を付けるポイント

間取りや広さをどれくらい確保するか決めておきましょう。

赤ちゃんのときであれば1LDKで十分と感じるでしょう。

しかし、将来的に家族が増える可能性もあります。2LDK以上などゆとりある間取りのほうがよいと引っ越しを繰り返すのはもったいないです。

今後のライフスタイルの変化を予測し間取りや広さを選定すると長く安心して暮らせます。

また賃貸住宅には、さまざまなライフスタイルや生活時間で暮らす入居者がいます。

赤ちゃんがいる家では泣き声も大きく響きやすいです。

周辺への配慮も大切。次の項目でご紹介するアイデアを取り入れ、近隣の迷惑にならないよう工夫しましょう。

おすすめの対策方法

子育て世帯に限らず、賃貸住宅で暮らすどのような方も周囲へ迷惑をかけないための配慮が必要です。

赤ちゃんがいる家で、近隣に配慮が必要なことといえばやはり生活音・騒音の問題でしょう。

以下のような、賃貸住宅でもできる対策を取り入れて他の入居者への配慮も忘れずに。

  • 赤ちゃんルームを、壁が隣室に接していない部屋にする
  • 下の階に住人がいる場合、防音性のあるクッションマットなどを敷き防音対策をする
  • 防音カーテンで窓の外へ大きな声が漏れないようにする

まとめ

賃貸住宅を探すときは、家賃や床面積、何階にあるかなど物件情報そのものばかりに目が行きがちになります。

しかし、周辺環境や物件の詳しい特徴にも目を配り、さまざまな側面で赤ちゃんと一緒に住みやすい家を見つけることが大切。

赤ちゃんが暮らしやすい家であれば、大人も暮らしやすい家だといえます。

家族みんなが笑顔で生活できるよう、子育て世帯に最適な賃貸住宅と出会ってくださいね。

子どもの学校周辺で賃貸を探す時は、ママ賃貸がオススメです。