子育てするなら必須!災害に強い賃貸物件とは?

子育てするなら必須!災害に強い賃貸物件とは?

地震大国・日本に住むうえで、災害に強い家に住むことは重要なポイントです。特に小さい子どもと一緒に住む場合は、親の留守中に災害に見舞われても被害が少ないよう、災害対策はしっかりとしておきたいものです。そのためにはどんな賃貸物件を選び、どんな準備をしておけばよいのでしょうか。

この記事では、災害に強い賃貸物件の条件や、災害に備えて準備しておくべきもの、災害にあってしまった場合の対処法についてご紹介します。

1:災害に強い賃貸とは

物件選びの際、災害に強い賃貸物件を見定めるにはどういったポイントをチェックすればよいのでしょうか。

耐震・制震・免震の構造になっている

地震に強い家にするため、さまざまな構造の家があります。その違いは以下の通りです。

  • 免震:揺れを受け流す構造で、建物と基礎の間に「免震装置」を挟み、地盤の揺れを建物に伝えないようにしている
  • 制震:揺れを吸収する構造で、建物内部におもりなどの「制震部材」が組み込んでいる
  • 耐震:揺れに耐える構造で、建物の倒壊を防いで住人が避難できるよう設計されている

効果は一番高いものから、免震、制震、耐震の順となっています。賃貸物件を探す際は、その物件の構造が3つのどれかに当てはまるか確認しましょう。

1981年の新耐震基準をクリアしている

建物の耐震基準は大きな震災が起こる度に更新されており、直近では1981年に更新されました。その新耐震基準は、「震度5強程度の中規模地震では軽微な損傷、震度6強から7に達する程度の大規模地震でも倒壊は免れる」というものです。

1981年6月1日以降に建築確認を受けた建物であればこの基準をクリアしなければならないので安心ですが、それ以前に建てられた建物はそれより耐震度が低い可能性があります。なお、耐震基準は2000年にもさらに改正されており、「2000年基準」と呼ばれています。より耐震度が高い家をお探しの方は、2001年以降に建てられた物件を探すとよいでしょう。

2階以上の階層の賃貸にする

大きな地震に見舞われた場合、住宅の1階が揺れや重さでつぶれてしまう場合もあります。近年の物件は耐震構造で設計されており新耐震基準をクリアしていますが、古い木造建築の場合は注意が必要です。

また、海や川が近い地域の物件の場合、1階が浸水してしまうこともあります。台風などによる大雨での浸水も考えられるので、子ども連れで避難に時間がかかることも考えると同じ物件でも2階以上の階層の部屋を選ぶ方がよいでしょう。

2:災害に備えて子育て家庭が準備するべきもの

災害に強い物件を借りるだけでなく、災害が起きても困らないよう事前に準備しておきましょう。何を用意しておけばいいのか、「身を守るグッズ」と「生活に関するグッズ」の2種類に分けてご紹介します。

身を守るグッズ

災害が起きたときにすぐ対処したり被害を減らせたりするよう、身を守るグッズを事前に揃えておきましょう。

火災から身を守るためには消火器や火災報知器、地震から身を守るためには割れたガラスでケガをしないようガラス飛散防止フィルムなどを用意しておくのがおすすめです。
また、どんな災害の場合もすぐ避難できるよう、家族分の靴や靴下をベッドルームに置いておくと安心です。

生活に関するグッズ

災害に見舞われて家以外の場所に避難した場合に役立つ、生活に関するグッズも重要です。
乾パンや火のいらないレトルトなどの食料品、洋服、簡易トイレ、生理用品などを非常用持ち出し袋に入れ、持ち出しやすいところに置いておきましょう。

小さな子どもがいる家庭の場合は、ミルクやおむつなども一緒に入れておく必要があります。

3:もし災害にあってしまったら

もし災害にあってしまった場合、地震で家が傾いたり、浸水で家電製品が使えなくなったりしてしまうこともあります。そうした場合に修繕費はどうなるのか、どう対処すればいいのか、以下で見ていきましょう。

賃貸の場合は大家さん負担

賃貸物件の場合、「家が傾いた」「窓ガラスが割れた」など家が災害で損傷した場合は大家さんが修繕費を負担してくれます。程度や時期などは場合によるので、契約書を確認し管理会社や大家さんに問い合わせてみましょう。

また、家電や家具など、個人所有の家財については個人負担になりますが、契約時に加入した火災保険に家財の保険が付いている場合もあるので、契約内容を確認してみましょう。

持ち家の場合は個人負担

賃貸物件ではなく持ち家が被災した場合は、修繕費は個人負担となります。地震保険や火災保険ついている補償が頼りになるので、保険の契約時にしっかりと内容を検討しておきましょう。

また、地震保険や火災保険には風災害や水災害の保険もついていることがあるので、「地震や火災の被害ではないから」と諦めずにまずは契約書を確認してみましょう。

まとめ

「災害」といっても、さまざまな災害があります。どの災害にどのように強い賃貸物件を探すのかは人それぞれです。

地震に強い建物の場合は構造がどうなっているのか、水害に強い建物の場合は階数など、自身が求めるポイントに合わせた物件を探しましょう。

また、災害にあっってしまった場合に困らないよう、事前の準備も必要です。防災グッズを用意するだけでなく、家や保険の契約内容なども確認しておきましょう。

子供の学校周辺で賃貸を探す時は、ママ賃貸がオススメです。

災害対策のファミリー向け賃貸はこちら