読込中… 閉じる
ママ賃貸 ママのための賃貸情報サイト
Powerd by 賃貸スタイル
最近見た物件

00件

お気に入りを見る

00件

ヘッダーライン

子供に何を習わせる?習い事選びのコツと実際の費用

子育て中のママさん、そろそろ子供を習い事に通わせたいけど、どの習い事が1番子供にとってよいのかわからない…と悩んでいませんか?

他のお子さんは何を習っているのか知りたい、また、習い事を選ぶコツがあれば知りたいですよね。

さらに、予め習い事の費用の目安が分かれば、支出も計算出来て習い事を考えやすいのではないでしょうか。

他の子供の習い事を知って、参考にしつつ、子供の長続きする習い事の選び方を学びましょう。

ミキハウス子育て総研Weekly ゴーゴーリサーチ(第763回分析結果)
のデータを元に解説していきます。


男女共に人気の高い子供の習い事ランキング!

男女混合の習い事の人気ランキングは、スイミングから始まり、ピアノ、英語と続きます。


「スイミング(32.8%)」
「ピアノ(18.5%)」
「英語・英会話(17.9%)」
「学習塾(17.2%)」
「体育・体操(11.7%)」
「サッカー(10.1%)」

スイミングは体力もつけられ、また学校でのプールの授業もはじまるので、小学生の習い事にうってつけです。ピアノは楽譜が読めるようになりますし、集中力を高めるのにもいいですね。

また、筆者の幼少期にも学校のオルガンで演奏できる子は、遊び時間に演奏をして皆の人気者になっていました。

英語も、小学生のうちから始めていれば、中学に入って学校で英語の授業が始まった時に苦手意識を持たずにすみそうです。

他言語を学ぶには、なるべく幼いうちから慣れておくといい、という説もあります。習い事で楽しみながら英語を学んでおけば、将来にも役立つこと間違いなしですね。
ページの先頭へ↑

習い事の選び方のコツは、子供の意思を重視すること。

習い事ランキングを見ると色々と習い事のジャンルも違い、選び方に迷うと思います。

その時、まずはお子さんの要望を参考にしてみて下さい。

お子さんがやりたい!という意思を持っているといいですね。なぜなら、意思があれば長続きするからです。
お子さんが自らこの習い事をしたい、と提案してくる状態はベストでしょう。

お母さんが習えというから、という親からの習い事は子供は嫌々おこなうので、なかなか長続きしないことが多いようです。
筆者も母がピアノの先生で、弟とともに強制的に習わされていましたが、2人とも塾などピアノから逃れるチャンスを見つけて辞めていきました。

やらされる、と、自らやる、は大きく動機が異なります。

また、お子さんからの要望で、友達がやっているからこの習い事をしたい、というのは、友達が辞めてしまうとどうなるの?といった問題も出てきます。

ポイントは子供のやりたい意思がどれくらいあるかを慎重に観察して、長続きする習い事を選んでみることです。

パッと辞めてしまう習い事より、何年も続けられる習い事の方が、子供の健やかな成長のためにもよいです。
ページの先頭へ↑

他の子はいくつ習い事をしてる?

習い事の選び方を見たところで、他の子供がいくつ習い事をしているか見てみましょう。

0歳〜7歳以下のお子様の中で、現在習い事に通っているお子さまの割合は、52.7%と半数以上。

習い事の数は、

「1つ(29.4%)」
「2つ(14.2%)」
「3つ(6.2%)」
「4つ以上(2.9%)」


1つを集中的に習っている子供が多いようですね。

やはりいくつも習い事をこなすと散漫になりますし、家計の負担や子供の学校との両立などで体力的な負担なども考えられますので、これくらいがちょうどいいのかもしれません。

ひとつを長く続けて、余裕があれば負担にならない習い事を、子供の様子を見つつプラスしていくのもいいかもしれません。
ページの先頭へ↑

今後、子供に習わせたいものは?


「スイミング(35.0%)」
「本人の希望するもの(32.9%)」
「ピアノ(21.2%)」
「英語・英会話(20.3%)」
「習字(12.3%)」



実際に習っている子供も多いスイミングが、1番の人気です。
スイミングは小さな年齢からだと水に慣れることから始められますし、身体を丈夫にしたり、呼吸器を丈夫にする効果もあるので、お子さんの健康と発育を見守りたい親御さんに人気なのかもしれませんね。

次いで、「本人の希望するもの」があげられています。

習い事の選び方のコツでもあったように、お子さんの希望する習い事が結局長続きする、という点は親御さんも実感があるのかもしれません。

何より子供の願いを叶えてあげたいのが親心といったものですよね。それがリサーチ結果に顕著に表れていると思います。

そして、男女混合の習い事ランキングに出ていなかったのが5位の習字。

字が綺麗だと社会人になっても役に立ちますが、まさに子供のことを考えた親心ですね。

段々と電子化が進み、手書きで文字を書く機会は少なくなってきた昨今ですが、だからこそ字の綺麗さが重要と考える方も少なくありません。

集中力も高められるので、勉強などにも活かせて実用的な習い事と言えるかもしれません。
ページの先頭へ↑

それぞれの習い事の平均費用は?

 スイミング

平均費用月額約5000円〜12000円

5歳までの週1回コースで約5000円で、学年が上がったり週2回に回数が増えたりすると月謝が増えるようです。

この他に入会金や大会費用などがかかることがあります。


 ピアノ

平均費用月額約5000円〜12000円

5歳までの月2回で約5000円で、学年が上がったり月4回くらいに増えたりすると12000円くらいになるようです。

この他に入会金やテキスト費用などが別途かかります。


 英語・英会話

平均費用月額5000円〜10000円

5歳くらいまでの週1回で約5000円で、学年が上がったり週2回などになったりすると費用が増えます。

また、入会金やテキスト費用など別途かかります。


 習字

平均費用月額3000円〜6000円

他の習い事よりも費用は抑えめです。

ですので、気軽にはじめることができると思います。

この他に、入会金や年会費、習字セット代などが必要になる場合があります。

月謝だけでなく、筆や墨・半紙といった消耗品に費用がかかります。

手入れをきちんとすれば長持ちしますので、物を大事に扱うことも含めて教えることができる習い事と言えるかもしれません。


ページの先頭へ↑

お子様の習い事は、負担少なく楽しめるものがベスト

いかがでしたでしょうか?

今回わかったポイントが、以下になります。

  • 習い事は、その習い事に対する子供のやる気をしっかり見る。嫌々だと続かない。
  • 習い事の数は1つ、という子供が多い。習い事を追加する場合は様子を見て、負担にならないように。
  • 習い事の1番人気はスイミング。身体も丈夫になり、最初は水に慣れるところからはじまり、長く続けられる。
  • 習い事の費用はスイミングやピアノ、英語はあまり大差は無く、習字は費用抑えめ。子供の希望と費用の兼ね合いを見て最適な習い事を見つけると吉。

続けるなら、長く続けられ、ためになり、なおかつ子供の自信にも繋がるものがいいですね。

今回の結果が、お子様の習い事選びの参考になれば幸いです。

ママ賃貸では、子育てや仕事を頑張る女性の生活が効率的かつ楽になるヒントの記事を引き続き提供していきます。

また、お子さんが小学校に上がるので小学校の近くで賃貸を探したい、などの場合はぜひ、ママ賃貸で賃貸を探してみて下さい。

ママ賃貸はお子様の小学校、中学校の近くで賃貸を探せます。

家事に育児に大忙しな働く兼業主婦のママさんが少しでも楽に楽しく生活を送れますように、ママ賃貸編集部は応援しております。
ページの先頭へ↑

新着コラム

  • フルタイム兼業主婦のタイムスケジュールを公開!
    秘密は早起き
  • パート兼業主婦のタイムスケジュールを公開!
    秘密は前日の夜
  • 申請しなきゃ損!?産前産後休業の給付金について
  • 【徹底解説】育児休業給付金の給付額から申請方法まで
  • 敷金礼金の意味は?敷金礼金なしのデメリットも徹底解説!
  • KとDKとLDKの違いって?広さは?賃貸探しで知っておきたい間取りの知識!
  • 職業訓練受講給付金ってなに?どうやったら貰える?
  • 【フルタイム兼業主婦のタイムスケジュールその3】
    子育てのコツは手抜きと夫婦役割分担!
  • パパッと簡単!超美味しい!「無限ピーマン」 ご飯がすすむレシピ

賃貸のことなら「賃貸スタイル」

賃貸スタイルCopyright(C) KG Intelligence CO.,LTD