熱の子供を預けて仕事へ。病児保育って何?徹底解説!

熱のある子供

仕事に子育てに大忙しの兼業主婦のママさん、病児保育は使ったことはありますか?

子供が病気だけど、普通の保育園では預かってくれない、仕事に行けない、どうしよう。そんなとき、病児保育なら病気のお子さんを預けて仕事に向かうことができるんです。

でも、そもそも病児保育って何?行くときのコツは?

育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com より、小児科医の先生の解説を参考にしてみましょう。

病児保育って何?普通の保育園とどう違うの?

病児保育は冒頭の通り、熱や風邪を引いて病気の子供を保育してくれるものです。

形態はさまざまあり、例えば以下のようなものが挙げられます。

病児保育のやり方は、地域・施設によって様々です。診療所や病院に併設していて医師が主体となっている医療機関併設型、保育所に併設されている保育所型、病児保育施設単独型、病児をみるベビーシッターのような形の派遣型などです。

出典:育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com

他の子の病気がうつらない?何を注意すればいい?

確実にうつらないとはいえないようですが、普通の保育園よりケアが徹底されているようです。

ただ、予防接種をしておくことは基本。小児科医の先生の見解は以下になります。

感染症に対しては、必要な予防策をおこなっています。そのため、通常保育にくらべて極端に感染のリスクが高い、ということはないと思います。
しかし、やはり、発熱している子どもたちをお預かりするわけですから、年齢相当の予防接種は必ずうけておいていただくことが必要です。病児保育室利用の条件にしているところもあります。

出典:育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com

病児保育では、病気の子供たちは何をしているの?

意外ですが、熱があっても元気な子は、遊んでいたり楽しく過ごす子供もいるようです。
それどころではないほど弱っている子は寝ていますが、必ずしもみんなが寝て過ごしているわけではありません。

病児保育室では、通常の保育室と同じように、子どもたちは楽しく遊んだり、泣いたり、ごはんを食べたりしています。もちろん、横になっていた方が楽な場合にはお布団を敷きますが、熱が高くても子どもたちは大抵遊ぶ方を選びます。
保育士、看護師は、子どもを楽しく遊ばせながら、呼吸の様子、水分摂取の様子、元気や顔色などをしっかりと把握し、体調の悪化があれば、すぐに対応できるような体制をとっています。

出典:育児・子育て支援サイト ハッピー・ノート.com

最寄りの病児保育をチェックしてみよう!

いかがでしたでしょうか。

病児保育にもさまざまな形態があり、また病気の子供が集まっているから普通の保育園より風邪をもらいやすいのか、と思いきやしっかりした感染症予防体制がとられていて、そんなことはありませんでした。

ただし、先生もおっしゃるように年齢にあった予防接種を受け、対策をしておくことは必須ですね。

兼業主婦として育児休暇を終え職場に復帰するママさんも、これから新しく仕事と子育てを両立するママさんも、お子さんのもしもの時のために、最寄りの病児保育をチェックしてみて下さいね。

また、今まで保育園や病児保育に預けていたお子さんが晴れて小学校に上がり、お子さんの小学校周辺で賃貸を住み替えたい場合はぜひ、ママ賃貸で賃貸を探してみて下さい。

ピンポイントでお子様の小学校周辺賃貸や、大きくなったら中学校周辺賃貸もワンタッチでラクラク探せます。

子育てに仕事に頑張る兼業主婦のママさんが、もっと楽に楽しく兼業主婦ライフを送れますよう、ママ賃貸編集部は応援しております!