賃貸で利用できるインターネットの種類と回線工事の手順

パソコンのマウスを動かす手

賃貸物件を探していると、入居前からインターネット回線がすでに引かれている物件もあれば、自分で回線の申し込みをおこなう必要がある物件もあります。

自分で申し込みをする必要がある場合、どういった手順で手続きをおこなうべきか知っておかないと、スムーズに回線工事を進められず、インターネットがない不便な期間ができるかもしれません。

この記事では、賃貸住宅のインターネット契約に関する内容を詳しく解説します。

入居日から確実にインターネットを利用するために、ぜひ参考にしてください。

賃貸で利用できるインターネット回線の種類

賃貸で利用できるインターネット回線は、主に以下の三つの種類があります。

  1. 光回線
  2. ケーブルテレビ
  3. モバイル回線

それぞれの特徴を詳しくチェックしていきましょう。

光回線

賃貸で利用できるインターネット回線の一つ目の種類は、光回線です。

光回線は、通信の速度や安定性を求める場合におすすめのインターネット回線だといわれ、現在主流となっています。

代表的なものはNTTが提供しているフレッツ光です。

光回線は光ファイバーを通してデータを通信しており、最大1Gbpsの速度が出ます。

基本的に開通工事が必要であり、提供エリア外に住んでいる場合には提供が受けられないのが特徴です。

ケーブルテレビ

賃貸で利用できるインターネット回線の二つ目の種類は、ケーブルテレビの回線です。

名前のとおり、テレビを見るためのケーブルテレビの回線を、インターネット接続に活用しています。

多くは同軸ケーブルを使用しており、接続や設定は手軽です。

しかし、光回線に比べると通信速度がやや劣る場合が多いです。

モバイル回線

賃貸で利用できるインターネット回線の三つ目の種類は、モバイル回線です。

モバイル回線とは、無線で接続する回線のことをいいます。

モバイル回線はルーターを設置するだけでインターネットを使えるようにでき、工事が不要で、ルーターを持ち歩けば外でも通信できる便利な回線です。

しかし、データ通信量に制限があるため、使いすぎると速度が遅くなります。

各インターネット回線がおすすめの人の特徴

賃貸で利用できるインターネット回線は三種類ありますが、使う目的や重視したいポイントによっておすすめの回線は異なります。

それぞれのインターネット回線ごとに、おすすめしたい人の特徴をチェックしていきましょう。

光回線がおすすめの人

光回線でのインターネットの使用をおすすめする人の特徴は、下記のとおりです。

  • 高速でインターネットを使いたい人
  • データ通信量制限なしで使いたい人
  • 複数のデバイスでインターネットを使う人

光回線の大きな魅力は、高速でインターネットを使えることです。

またデータ通信量に対する制限がないため、インターネットをたくさん使いたい人におすすめといえます。

家族で住んでいて複数のデバイスでインターネットを使いたい人は、通信が安定している光回線を選ぶといいでしょう。

ケーブルテレビがおすすめの人

ケーブルテレビでの契約をおすすめする人の特徴は、下記のとおりです。

  • ケーブルテレビを契約している人
  • 自宅にテレビ視聴用のアンテナがない人
  • 光回線のエリア外の人

ケーブルテレビでは、インターネット回線もまとめて契約すると、セット料金が適用されて安くなるケースがあります。

ケーブルテレビを契約している人や自宅にテレビ視聴用のアンテナがない人におすすめです。

モバイル回線がおすすめの人

モバイル回線をおすすめする人の特徴は、下記のとおりです。

  • 月額費用を抑えたい人
  • なるべく早くインターネットを使いたい人
  • モバイルWi-Fiを使いたい人

モバイル回線でインターネットを使うのであれば、回線工事は必要ありません。

そのため、手続きが済めばすぐにインターネットが使えます。

なるべく早くインターネットを使いたい人はモバイル回線を選ぶことをおすすめします。

外出先でモバイルWi-Fiとして使いたい人にもぴったりです。

ママ賃貸

賃貸のインターネット「対応」と「完備」の違い

賃貸物件を探していると、インターネット「対応」と「完備」といった二つの記載を見たことがあると思います。

対応と完備には大きな違いがありますので、それぞれチェックしていきましょう。

インターネット対応とは

インターネット対応の物件とは、建物近くの電柱から建物の共用部分までのインターネット回線工事が完了している状態の物件です。

共用部分までしか回線が届いていないので、自分の部屋でインターネットを使うには、引き込み工事をおこなう必要があります。

入居してすぐにインターネットを使いたいなら、入居日より前に自分でプロバイダーに連絡し、契約手続きと回線工事の手配をおこなわなければなりません。

インターネット完備とは

インターネット完備の物件とは、建物の共用部分までの回線工事だけでなく、自分の部屋にも回線が引き込まれており、プロバイダー契約まで済んでいる物件です。

回線工事や契約が一通り済んでているので、入居後すぐにインターネットが使えます。

自分で手続きをおこなう必要がないので、インターネット対応の物件に比べ、非常に楽です。

賃貸のインターネット回線工事をおこなうときの手順

賃貸のインターネット回線工事をおこなう手順は、下記のとおりです。

  1. 管理会社か大家さんに連絡して許可を得る
  2. 回線事業者やプロバイダーに申し込みをする
  3. 立ち会いができる工事日程を調整する
  4. 回線工事をおこないインターネットに接続する

それぞれチェックしていきましょう。

管理会社か大家さんに連絡して許可を得る

インターネットの回線工事をおこなう前に、まずは管理会社か大家さんに連絡して許可を得る必要があります。

光回線を導入するにあたって建物内で工事をする必要があり、物件のオーナーの許可がないと工事を進められません。

回線事業者やプロバイダーに申し込みをする

オーナーの許可が貰えたら、回線事業者に契約の申し込みをします。

立地条件によっては工事ができない場合もあるため、住所や建物名を伝え確認してもらいましょう。

なお回線事業者やプロバイダーによって、工事費用や月額利用料は異なるので、事前にいくつかの業者を比較しておくと、スムーズに申し込み手続きがおこなえます。

立ち会いができる工事日程を調整する

申し込みが完了すれば、工事日程の調整に入ります。

基本的に立ち会いが必要になるので、対応できる日を伝え、日程を調整してもらいましょう。

なお物件によっては、管理会社や大家さんが立ち会いをおこなってくれる場合もあります。

回線工事をおこないインターネットに接続する

回線工事が無事に終われば、インターネットを使用できます。

自分でWi-Fiルーターやパソコンのインターネット接続をおこない、問題なければ工事終了です。

賃貸でインターネットの速度が遅いときの対処法

最後に、入居後の悩みでよくあるインターネットの速度が遅いときの対処法をお伝えします。

インターネット回線を変える

一つ目の対処法は、インターネット回線を変えることです。

特にケーブルテレビやモバイル回線でインターネットを使っているのであれば、光回線への変更で回線速度は大幅に改善できるでしょう。

データのダウンロードに時間がかかり過ぎる、動画をスムーズに見れないなど、速度にストレスを感じている場合は、インターネット回線を見直すことをおすすめします。

IPv6(IPoE)通信方式を利用する

二つ目の対処法は、IPv6(IPoE)通信方式を利用することです。

IPv6(IPoE)通信方式であれば、混雑を避けた状態でインターネット接続ができます。

提供しているプロバイダーと提供していないところがあるため、チェックしてみてください。

提供しているプロバイダーであれば、無料でサービスが受けられるところが多いです。

Wi-Fiルーターを新しくする

三つ目の対処法は、Wi-Fiルーターを新しくすることです。

古いルーターを使っていると、ルーターの影響で通信速度が遅くなっている可能性があります。

その場合には、最新モデルへの交換により通信速度の向上が見込めるでしょう。

まとめ

今回は、賃貸物件のインターネット契約に関して詳しく解説しました。

賃貸物件であっても、管理会社か大家さんに許可を貰えばインターネットの回線工事が可能です。

許可を貰うことや工事自体が面倒であればモバイル回線を使う手もあるため、賃貸であってもインターネットを気軽に楽しめるでしょう。

賃貸物件を探しているのであれば、ぜひママ賃貸をご活用ください。

インターネット対応の物件、完備の物件などあらゆる物件情報をご用意しています。

お気軽にご相談ください。

ママ賃貸フリーダイヤル