賃貸を保証人なしで借りることは可能?保証人を徹底解説!

ミニチュアの家

賃貸を借りるには一般的に保証人や連帯保証人が必要

賃貸を借りるには、日本では昔から保証人や連帯保証人を立てることが一般的です。

なぜなら、借主が何らかの事情で家賃が払えなくなったり部屋を破損したりした場合、保証のめどが立たないと大家さんが困るからです。

保証会社を使う例も近年になってやや見られるようになりましたが、現状約7割は保証人や連帯保証人が必要になります。

保証人と連帯保証人の違い

保証人とは、業者から支払いの命令があった時に、借主が自己破産や行方不明になっていない限り、借主にまず請求するように主張することができます。

しかし、連帯保証人の場合には借主と同様の返済義務が発生するので、借主が払えないと言っている場合は連帯保証人に請求がいってしまいます。

保証人とは

保証人は、借主がどうしても支払いができないときだけ支払えばよいという考えです。そのため、借主が支払い能力がなくても、何かしら財産を持っていればそちらの差し押さえを先にしてから、といった指示ができます。

なので、保証人は連帯保証人より、支払いの義務は比較的ライトだと考えてよいでしょう。

連帯保証人とは

連帯保証人制度は民法で定められており、保証人より強力な返済義務をもちます。

借主が何らかの理由で家賃を払えない場合、家主は連帯保証人に請求することができますが、このとき保証人のように、先に借主の財産の差し押さえをするように主張することが不可能です。

このように、保証人よりかなり責任が重いのが連帯保証人になります。

保証会社を使う場合

最近、賃貸を借りる際は保証人の代わりに保証会社を使えるところが約2割~3割ほど増えています。

保証会社は最初にお金を払って加入することで、借主が家賃を払えない状況になったとき代わりに家賃を払ってくれる、といった仕組みになります。

しかし、一時的に代わりに払ってくれるだけで借主に返済義務がなくなったわけではなく、保証会社に払ってもらったお金は返済の必要があります。

クレジットカードを使う場合

クレジットカードを持っているということは、クレジットカードの審査に通るくらい、収入のめどもあるということです。

大家さんが家賃支払いをクレジットカード可にしている場合、クレジットカードの所持で保証人を免除するという制度もあります。

連帯保証人が立てられないA子さんの保証会社利用のケース

ここであるケースを見てみましょう。

————————-

A子さん(30)は両親が早くに亡くなり、事務をしながら一人暮らしをしています。

部屋の更新の時期がきたので、もっと同じ価格で部屋が広めの部屋を探していました。

その際、連帯保証人を立てられる親族や兄弟もいないので悩んでおり、不動産会社に相談すると、保証会社利用で借りられる部屋がいくつかあるとのことでした。

保証会社は入居時に家賃一ヶ月分を支払うというもので少し初期費用は増えますが、連帯保証人がいないと借りられないと思っていたA子さんにとってはとてもありがたい話でした。

A子さんは保証会社利用をすることにし、保証会社の審査で会社の社員証のコピーなどを提出。しばらくして審査にとおり、保証会社を利用して入居できることとなりました。

————————-
A子さんのケースは、連帯保証人が立てられない立場の人にとっては心強い話になりますね。

保証人や連帯保証人が立てられない人は、不動産会社に保証会社利用や保証人不要の条件で入れる部屋がないか積極的に聞いてみることが大事です。

保証人や保証人不要のケースを知って賢く賃貸を借りよう

いかがでしたでしょうか。

保証人と連帯保証人の責任の違い、また保証会社やクレジットカード利用で保証人が不要になるケースも理解できたのではないかと思います。

保証人が立てられず困っている借主にとっては、保証会社が利用できると助かりますね。

家賃の支払いが滞ることは家主にとっては死活問題なので保証は大切なのですが、何よりも借主本人が安定して家賃を払い続けることができれば、何も問題はありません。

ですので、滞納自体が起こらないように、しっかり生活と収入をととのえてくださいね。

ママ賃貸では、子育てや仕事を頑張る女性の生活が効率的かつ楽になるヒントの記事を引き続き提供していきます。

また、お子さんが小学校に上がるので小学校の近くで賃貸を探したい、などの場合はぜひ、ママ賃貸で賃貸を探してみて下さい。

ママ賃貸はお子様の小学校、中学校の近くで賃貸を探せます。

家事に育児に大忙しな働く兼業主婦のママさんが少しでも楽に楽しく生活を送れますように、ママ賃貸編集部は応援しております。