子育てママ必見、賃貸で考える家事の動線設計とは

導線設計

日々の家事や育児を少しでも楽にするには、お部屋の動線設計が重要です。「動線」とは人の移動の跡を線で表したもので、この動線が短くシンプルであるほど移動が楽になります。この記事では、子育てのための動線設計のポイントなどをご紹介します。

子育て世帯向けの家事動線設計が採られた住宅とは?

家事や育児に忙しい子育て世帯にとって動線設計で確認しておきたいポイントは「家事がしやすいか」です。

毎日の家事がしやすい動線設計になっている物件を選ぶことで、実際に暮らし始めてからもその便利さを毎日実感できるでしょう。

ここでは、家事別にどのような動線設計になっている部屋を選ぶべきかを見ていきます。

片付け

片付けがしやすい動線を作るためには、家族の行動パターンに合う位置に収納が置かれていることがポイントです。

例えば、子どもが帰ってきてすぐランドセルをリビングに置く場合は、そこにランドセルを置いたりかけたりする収納があるとよいでしょう。「ランドセル置き場」としてコンテナBOXなどを置くと子どもが覚えやすいです。

また、玄関は収納がたくさんあると片付けもお出かけも楽になります。ベビーカーやゴルフバッグ、三輪車などおでかけの準備が整ってから最後に持って行くものを玄関に置いておけると、「わざわざ部屋の中から持ってくる」という動線がいらなくなるので、スムーズに外出できます。

洗濯

洗濯は、洗濯物を物干し場に持って行くときに長い動線を描きます。

洗濯物を外に干すならベランダ、浴室乾燥機で乾かすなら浴室に洗濯物を持って行く必要があるので、それぞれの場所と洗濯機置き場が近い間取りがおすすめです。濡れて重くなっている洗濯物を運ぶ距離が少なくて済みます。

また、遊び盛りの子どもは、泥んこになって帰ってくることも。玄関が脱衣所に近いと動線が短いので家の中を汚さずスムーズに着替えやお風呂に移れます。

料理

キッチンはリビングまでの動線が短く、広く見渡せる間取りになっているお部屋がおすすめです。

料理をしながら子どもを見ていられるので、もし転んだり何かを口に入れようとしたりしていてもすぐ駆け付けられます。キッチンのタイプは、どの部屋にいても近づきやすいオープンスタイルを選ぶのがおすすめ。子どもが片付けや配膳などの手伝いをしやすく便利です。

また、洗濯機置き場や洗面所などの水回りの動線が一直線になっていると、家事を同時進行しやすくなります。洗濯機を回しながら料理をするなど、なるべく家事を組み合わせて時短したい場合は、動線の短さやシンプルさも確認しておきましょう。

買い物

買い物から帰ってきたらアイスや冷凍食品など買ってきたものはすぐ冷蔵庫にしまいたいですよね。

玄関からキッチンまでの動線が短いと買ってきたものをすぐ持って行ってしまえるので便利です。重い荷物を家の中で長く運ばなくていいので、日々の買い物の負担も減ります。

子育てのための動線設計のポイント

家事同様、しっかり確認しておきたいのが「子育てしやすい動線設計になっているか」ということです。

子育てしやすい動線になっているかは、家族の動き方の特徴を考えつつ間取りを確認することでチェックできます。以下で具体的な確認方法を見ていきましょう。

どこを中心とするかを考える

子どもの成長段階や行動パターンによって、どの動線を重視するかを考えましょう。

例えば子どもが乳児で一日をほぼリビングで過ごす場合、キッチンや洗濯機置き場などの各部屋とリビングをつなぐ動線が短く、どこからでもすぐリビングに駆け付けられる間取りがよいでしょう。

子どもが遊び盛りで毎日服を汚して帰ってくるのが大変という場合は、玄関から脱衣所までの動線の短さを重視すると家の中も汚れにくくなり、家事の負担も減るでしょう。

動きをシュミレーションすることが大事

候補のお部屋がしぼれてきたら、実際にそのお部屋で暮らす「シミュレーション」をしてみましょう。

子どもが学校から帰ってきたらまずどの部屋に向かい、どれくらい何をして過ごして、どのように動くか…ということを頭の中でイメージしてみることで「この間取りはよさそう」「ここの動線は短いお部屋がよさそう」など、お部屋との相性がよりはっきりとわかります。

平日・休日のシミュレーション、子ども・自分・パパのシミュレーションなど、さまざまなパターンを考えてみると、より実際の暮らしがイメージしやすくなります。

まとめ

この記事では、子育て世帯向けの動線設計やポイントなどをご紹介しました。

「動線設計」と聞くと家を建てる時に行うイメージがあるかもしれませんが、賃貸住宅を借りる時にも動線を考えることはとても大切です。特に家事・育児など家の中で作業することの多い子育て世帯の場合は、家族の動き方を考えて動線設計をしたうえで物件を選ぶことで、日々の暮らしが楽になります。

賃貸物件をお探しの場合は、ぜひ動線設計も考えてお部屋を選んでみましょう。

子どもの学校周辺で賃貸を探す時は、ママ賃貸がオススメです。