和歌山の子育て支援事情についてご紹介!幅広いニーズに応えた制度

和歌山

農業が盛んで自然が多く、一部ベッドタウンとしても人気の高い和歌山県。子育てをするにあたり、どのような制度や施策があるのでしょうか。

この記事では、和歌山県で子育てをする際に知っておきたい県の取り組みや、和歌山県ならではの取り組みを5つピックアップしてご紹介します。これから子育てを和歌山県でする予定のある方、今まさに子育てをされている方はぜひ参考にしてください。

多子世帯から3世代同居まで、さまざまな支援を実現!和歌山県の子育て支援制度

わかやま子育ての広場

「わかやま子育ての広場」は、和歌山県が運営する子育て応援サイトです。子育てに関する情報が年齢別でわかる子育てカレンダー、「子どもがほしい」「妊娠・出産・各種健診情報」「仕事と子育て」などの目的別に分類された子育て情報など、妊娠・出産・子育てに関する情報が数多く掲載されています。

市町村別の子育て支援情報や保育料の無償化支援情報も掲載されており、スマートフォンからも閲覧できるので、役立つ知識を手軽に入手できます。

参考:わかやま子育ての広場(和歌山県)

わかやま子育て支援パスポート事業

子育て家庭が協賛店利用時にパスポートを提示することで、各種サービスを受けられる事業です。対象者は18歳未満の子どもがいる世帯・妊娠中の方がいる世帯で、下記公式サイトのトップページから申請することでパスポートを申請できます。

他県でも同様の取り組みを行っており、現在全国の協賛店でこのサービスを利用することができます。受けられるサービスは料金割引・チャイルドルームの利用・グッズのプレゼントなど様々。

参考:わかやま子育て支援パスポート事業(和歌山県)

育児支援助成事業

小学生以下の子どもを3人以上育てている世帯に対し、対象事業の利用料を年額最大15,000円助成する制度です。

対象事業は、一時預かり事業、ファミリー・サポート・センター事業、病児保育事業などがあります。助成対象となる方は、市内に住民登録しており、小学生以下の子どもを3人以上養育しているなどの条件を満たしていることが必要です。

助成金を受け取るには事前に市への申請が必要で、決定通知書が届いた後に指定口座へ助成金が振り込まれます。

参考:育児支援助成事業(和歌山市)

和歌山県在宅育児支援事業

第3子以降の子どもがいて保育所等に入所させていない世帯に対し、対象乳児1人あたり月額15,000円(最大10ヶ月)を支給する制度です。

条件は和歌山県内に住民登録があること、対象乳児が生後2ヶ月を超え満1才に満たないことなどがあります。支給を受けるためには、住民登録をしている市町村の子育て支援担当課に申請が必要です。

支給額は各自治体によってさらに上乗せされている場合があるので、詳しくは各自治体の公式HPをご確認ください。

参考:和歌山県在宅育児支援事業(和歌山県)

和歌山市転居型三世代同居・近居促進補助金

和歌山市では、三世代で新たに同居・近居するための住居を取得・リフォームする場合、1戸あたり最大10万円を助成する補助金制度を設けています

対象要件は申請日時点で3年以上和歌山市に居住していること、中学生以下の子どもとその親が同居していることなどがあります。その他、住居要件もあるため、申請の際は事前に市の公式HPをご確認ください。

参考:和歌山市転居型三世代同居・近居促進補助金(和歌山市)

様々なニーズに対応、独自の取り組みも多い和歌山県

「わかやま子育ての広場」「わかやま子育て支援パスポート事業」など、他県同様の取り組みもしっかりと押さえつつ、「和歌山県在宅育児支援事業」「和歌山市転居型三世代同居・近居促進補助金」など独自の取り組みも見られる和歌山県。

「育児支援助成事業」では多子世帯への助成を行うなど、幅広いジャンルのニーズに応えていると言えるでしょう。

県内でも各自治体によってそれぞれ取り組みが異なるため、気になる方はぜひ公式HPをご覧になってみてはいかがでしょうか。

和歌山県に引っ越すなら、学校近くのお部屋が探せる「ママ賃貸」で♪
「保育園」「幼稚園」「小学校」「中学校」の近くで探せます!

和歌山の保育園からお部屋を探す

和歌山の幼稚園からお部屋を探す

和歌山の小学校からお部屋を探す

和歌山の中学校からお部屋を探す