子供の名前はどうつけた?みんなの子供の名前の由来を徹底調査!

赤ちゃん

自分の子供の名前はどうつけましたか?または今から産まれる子供の名前はどのようにつけたいと思いますか?

子供の名前をひとくちに決めると言っても、誰がつけるのか、いつまでに名前を決めたのか、親から1字もらうのか、と様々なことが考えられますよね。
ミキハウス子育て総研のWeekly ゴーゴーリサーチ(第739回分析結果) より、各ご家庭の子供の名前のつけかた調査結果を参考にしてみましょう。
———————-
目次
子供の名前は主に誰が決めましたか?
子供の名前はいつつけましたか?
子供の名前の画数などにこだわったりはしましたか?
親や祖父母から名前を1字もらったりしましたか?
有名人や、名付けランキングは気にしましたか?
子供への最初のプレゼント、名付けをしっかり考えてあげよう!
———————-

子供の名前は主に誰が決めましたか?

ママ・パパ合作…55.8%
ママ…21.6%
パパ…20.7%
父方の祖父母…3.0%
母方の祖父母…2.3%

一番多いのはママとパパの合作でした。

二人の愛の結晶のお子さんなので、二人で名前をつけるのが一般的なようですね。
次いで、ママとパパそれぞれが名前をつける権利をもらったケースが多いようですが、わずかにママの方が勝るようですね。

逆に、祖父母が名前をつけるのはごく少数派でした。

もしかしたら昔は多かったのかもしれませんが、現代は自分の子は自分たちで名前をつけることが多いと読み取れます。

子供の名前はいつつけましたか?

産まれる前から…67.8%
出生届を出すまでに…25.9%
産まれた日…6.3%

子供が産まれる前から名前を考えられていた方がもっとも多く、67.8%になりました。

すでにお腹にいる頃から、誕生を心待ちにご夫婦で考えられているパパとママが多いようですね。

出生届を出すまでに、というご家庭が次点で25.9%になり、その次が産まれた日の6.3%となりました。

産まれるまでに決まらず、しっかり悩んで名前を決めたかったのかもしれません。

また、ギリギリまで男の子か女の子かわからなかったり、直前まで悩んでいて産まれてきた子の印象を見て決めたいという方もいるのかもしれません。

子供の名前の画数などにこだわったりはしましたか?

一応こだわった…46.3%
大変こだわった…28.9%
特にこだわらなかった…24.8%

一応こだわった方と大変こだわった方が合わせて83.3%と、少しでも考えた人が約8割にのぼりました。

姓名判断など昔から行われているのもあり、皆さん画数には関心があるようですね。

名前をつけるなら、子供には運勢が良いとされる画数の名前をプレゼントしてあげたいというのが親心ですよね。

また、特にこだわらなかった方も24.8%とあるので、あまり気にせず名前をつけている方もいらっしゃるようですね。

親や祖父母から名前を1字もらったりしましたか?

特にこだわらなかった…80.6%
漢字を継承した…15.3%
音のみ継承した…4.1%

特にこだわらなかった方が80.6%で、現代のパパやママは親から子供へ名前を継承することに関しては、特にこだわりはないようです。

逆に漢字や音のみ継承した方は合わせて19.4%居て、今でも2割の方は名前を継承することがあるそうです。

有名人や、名付けランキングは気にしましたか?

特に気にしなかった…77.1%
かぶらないようにした…15.5%
参考にして名付けた…7.4%

特に気にしなかった方が有力で77.1%で、かぶってもかぶらなくても好きなように名前をつけるパパとママが多いようです。

また、かぶらないようにして名前をつけるご家庭もあり、他の子と同じにならないように個性を生かした名前を考えられる方も15.5%いらっしゃいました。

逆に参考にして名付けた方は7.4%と少数。

子供への最初のプレゼント、名前をしっかり考えてあげよう!

いかがでしたでしょうか。

各ご家庭の子供への名付けの試行錯誤が、手に取るように感じられたと思います。

産まれる前から名前を考えられている方が多かったり、画数が良い名前を子供につけるご家庭が多かったようですが、それぞれのパパママが納得でき赤ちゃんにとっても幸せな方法が取れれば一番だと思います。

お子さんがこの世に産まれてきて最初のプレゼントとなる名前、ぜひ素敵なものを考えてあげて下さいね。

ママ賃貸では、子育てや仕事を頑張る女性の生活が効率的かつ楽になるヒントの記事を引き続き提供していきます。

また、お子さんが小学校に上がるので小学校の近くで賃貸を探したい、などの場合はぜひ、ママ賃貸で賃貸を探してみて下さい。

ママ賃貸はお子様の小学校、中学校の近くで賃貸を探せます。

家事に育児に大忙しな働く兼業主婦のママさんが少しでも楽に楽しく生活を送れますように、ママ賃貸編集部は応援しております。