海に行く時の持ち物リスト!子供連れの場合

海を家族で楽しもう!

夏真っ盛りで、海に行くのが気持ちいい季節になりましたね。

子育て中のママにも家族や子供たちと一緒に海に行く計画を立てている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなとき、一体何を持っていけばよいのでしょうか?

今回は、子供連れで海に行く場合の持ち物をリスト化してみました!

海の持ち物:基本のもの

海の持ち物、基本のもの

海の持ち物の基本です。

・水着

これは必須ですね。大人のママは、オシャレなビキニなどもありかもしれません。

しかし、子供は安全に楽しく遊べるように、布の面積多めで日焼けをしにくいタイプを選ぶと、安心して遊びに集中できます。

・着替え

汗をかいたり、寒くなった時のことを考えて多めに持っていくとよいでしょう。

寒くなったときや直射日光があたるときに、羽織りものがあると意外と便利です。

・下着

こちらも念のため、多めに持っていきましょう。

着替えの手間を省くため、家から服の下に水着を着て海に行くという方は、帰りの着替えのパンツを忘れがち。

それを含めて予備もしっかり持っていきましょう!

・フェイスタオル

海から上がってちょっと顔を拭いてひとやすみしたり、レジャーシートの上に敷いて座布団代わりにしたり、色々使えるフェイスタオル。

家族人数×2セットくらいは持っていきたいですね。

・バスタオル

海から上がり身体を洗って着替えるとき、バスタオルでしっかり拭きたいですね。

こちらはかさばるので、一人一枚でいいでしょう。

あるいは、フェイスタオルを多めに持って行ってそれで代用でも可です。

・ポケットティッシュ

海水浴場付近のトイレではトイレットペーパーが切れていたり、そもそも最初からなかったりします。

そんなとき、ポケットティッシュがあれば安心。ちゃんと水に流せるタイプを用意しましょう。

人数分は最低限用意しておきたいですね。

・ビニール袋

濡れたものを入れたり、ゴミを入れたり、あるいは着替えを入れたりと、何かと役に立つビニール袋。

かさばらないので、多めに用意して持っていきたいですね。

着替えをビニール袋で小分けしておいて、帰りは着替えを着てビニール袋には濡れたものを入れる、など行きと帰りで使い方をチェンジするのもいいですね。

・ウォーターシューズ(なければビーチサンダル)

ウォーターシューズは砂浜の石や貝殻から足の裏を守ってくれるので、大人や、特に子供に必須です。そのまま海にも入れます。

足の裏を守るだけならビーチサンダルでもいいのですが、ビーチサンダルは海に入ると足から脱げてプカプカ浮いてしまうという困った弱点を持っています。

足にしっかりフィットするウォーターシューズが無難ですね。

・レジャーシート

砂浜に直に座るより、レジャーシートを引いた方がお尻にも荷物にも砂がつかず快適です。

・おむつ

おむつは乳幼児がいるご家庭は必須ですね。

乳幼児が水に入らない場合は通常のおむつでいいのですが、水に入る場合は後述する水遊び用おむつが便利です。

・水遊び用おむつ

着用したままで水に入れるのが水遊び用おむつです。

水遊び用おむつは、水を吸収しずぎない素材を使用していて、水に入っても水を吸って重くなることがありません。

水遊び用おむつは、使い捨てタイプと洗って繰り返し使うタイプがあります。

しかし、赤ちゃんはあっという間に大きくなるので、元のパンツが入らなくなるということもよくあります。なので、一見コストがかかると思われがちな使い捨てタイプがオススメです。

また、使い捨ての水遊び用おむつは、ゴミ箱が用意してある場合はそのまま捨てて帰れるので荷物にならないというメリットもあります。

・おしりふき

これは海以外でも必須の持ち物ですが、乳幼児のおむつ替えに力を発揮します。

海は海の塩水以外の水がなかなかない場合もあるので、拭いてケアできるおしりふきは必須ですね。

・哺乳瓶

粉ミルクを溶いて用意するのに必要です。消毒を行ったものを持っていきましょう。

二つくらいあると便利です。

・粉ミルク

乳幼児の飲み物用に持っていきましょう。

作って哺乳瓶に詰めて持っていくと暑さで悪くなることがあるので、粉のまま持って行って現地で作る方が衛生的です。

海の持ち物:あると便利なもの

海の持ち物、あると便利なもの

・ゴーグル

目が弱いママやパパ、子供はぜひ持っていきましょう。目に自信がある人もあった方が無難です。

ゴーグルをするだけで泳ぐのが快適になりますし、海の中がよく見えます。

・浮き輪

大人や子供のサイズにあった浮き輪があるだけで充分楽しめますし、楽に泳げますが、下記があるとより助かります。

・腕につける浮き輪

アームリング浮き輪とも呼ばれる、腕につける浮き輪です。

子供用が主に売られています。

これをつけていると沈まず安心感があるので、お子さんと行く際にはつけておくといいでしょう。

・ライフジャケット

チョッキの形の救命胴衣です。

これをつけていると確実に海の中で浮けます。

大人も子供も安価で手軽なものが増えてきたので、しっかりと備えを万全にしたい方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

・防水ポーチ

海に入るとき、小銭や財布、携帯などを持ち歩きたい場合もあると思います。

そんなとき、防水ポーチがあると便利です。用途によって主な3つを紹介します。

・貴重品用防水ポーチ

小銭入れや携帯、車のキーなどが入るサイズの貴重品防水ポーチが市販されています。

海に入りながら貴重品を持ち歩きたい、海の家などでお金を使いたい、という時にこのポーチがあると重宝します。

・スマホ用防水ポーチ

スマホを入れるのに特化した防水ポーチです。

衝撃を吸収するハードケース型の防水ケースもありますが、海では首からぶら下げられるソフトなビニールのスマホ用防水ポーチが便利です。

このスマホ用防水ポーチはほとんどの商品が、外のビニール越しにスマホを操作できます。

商品によってはそのときの反応が鈍いものもありますので、よく吟味して購入してくださいね。

・カメラ用防水ポーチ

カメラに特化した防水ポーチで、スマホ用防水ポーチとよく似たソフトタイプのビニールのものと、固いピッタリしたケースで浸水を防止するハードタイプがあります。

本格的に10メートル潜るなどというわけでなく、海で普通に遊ぶ用途であれば、ソフトタイプのビニールのものが価格も安く手軽なので、これで充分です。

・ラップタオル

小学校のプールの授業で使ったことのある、上からスッポリかぶって、ぐるりと身体を覆えるタオルのことをラップタオルといいます。

海で、着替えをするちょうどいい物陰などがない場合、こちらが活躍します。

・水を入れたタンク

水を入れたタンクを用意しておき、車で来た場合は車内に置いてくか、そうでない場合はレジャーシートの上に黒い布などをかぶせて置いておくと、帰る頃には適度にあたたかくなったぬるま湯ができます

このぬるま湯で身体についた海水や砂を洗ったり、手を洗ったりすると冷たい思いをせずに身体を綺麗にできます。

シャワーがない海水浴場には特にオススメのお湯の用意方法です!

・シャンプー・ボディソープ

海から上がった際にシャンプーやボディーソープがあると、スッキリベタベタした海水や汗を流せるので重宝します。

しかし、こちらは海の家のシャワーなど、水がしっかり使える施設で使う方がよさそうです。

先述の水を入れたタンク程度の水ではシャンプーもボディーソープもなかなか使いづらいと思うので、これらを使えるシャワーができる施設があるかどうか事前にチェックして行くのもいいでしょう。

・ベビーカー

乳幼児を地面から近い場所に寝かせておいたり座らせておくと、熱せられた地面から近いため、熱射病の原因になる可能性があります。

そんなときベビーカーがあると、地面より高く赤ちゃんを寝かせておけるので、地面からの照り返しの熱を防ぐ効果があります。

ベビーカー自体もあまり熱くならないように、日陰に置いたり、サンシェードをしたり涼しい場所を見つけて置いてあげて下さいね。

・ビーチチェア

子供だけでなく、大人にも、疲れた時にビーチチェアがあると座れるので楽です。

折り畳み用のチェアが市販されていますので、海以外にもキャンプやアウトドアの多いご家庭は持っていると重宝します。

海の持ち物:紫外線対策

海の持ち物、紫外線対策

・ラッシュガード

ラッシュガードは、水着の上から着るピタピタのカーディガンのような水着、のようなものです。

ラッシュガードは、広範囲の日焼けを防げますので、大人にはもちろん、子供にもオススメ。

紫外線対策にはぜひ使って頂きたいものです。

・Tシャツ、パーカーなど

ラッシュガードがない場合はTシャツ、前開きパーカーなどで代用できます。UVカットの薄手のカーディガンなどもいいですね。

紫外線対策としてはもちろん、直射日光を防げるので、日差しが強い日などにオススメです。

・帽子

帽子といえば、海以外でも必須の紫外線対策グッズです。

特に浜辺にいるときは、つばが広い帽子で紫外線をガードしたいですね。

・サングラス

サングラスは海に入るときというよりは、浜辺を歩いたり座ったりして水に入っていないときにあると便利なグッズです。

強烈な日差しや紫外線から目を守ることができます。

サングラスを買うときはしっかりUVカットの入ったサングラスを選んで下さいね。

・日傘

日傘は、サングラス同様、浜辺でのんびりしているときの紫外線対策に最適です。

日傘は帽子と違って蒸れないので、帽子の蒸れが苦手な方にもオススメです。

・日焼け止め(大人用)

大人用にはSPF値の高い(50くらい)の、長時間紫外線カット効果を発揮する日焼け止めがオススメです。

水をはじくウォータープルーフタイプにするといいでしょう。

肌の弱いママやパパにはこの限りではありませんので、肌質に合わせて日焼け止めを選んでいただければと思います。

・日焼け止め(子供用)

子供用の日焼け止めは各社から沢山出ていますが、子供の肌にも優しいSPF値の弱め(30~35くらい)の日焼け止めがオススメです。

せっけんで簡単に落とせる日焼け止めも沢山出ており、専用のクレンジングを使わなくてすむので子供にぴったりです。

SPF値が低いと長時間紫外線カット効果が持続しにくいので、こまめに塗り直すようにしましょう。SPF30ですと、2~3時間おきに塗り直すのが目安です。

海に入って日焼け止めの効果が落ちたと感じたら、すぐに塗り直すことも必要です。

・パラソル

持っていって立てるのは少し手間ですが、大きな日陰ができ、皆が涼むことができるので大変重宝します。

熱射病にならないためにも重要です。

・小さなテント

こちらもパラソル同様、いい日よけになります。

海で遊んで疲れたらテントの日陰でごろっと横になって休むこともできますね。

2人くらいが入れる小さなテントでも重宝します。

海の持ち物:暑さ対策

海の持ち物、暑さ対策

・飲み物

これは一番重要です。

暑い海で動いて汗も体力も奪われるので、スポーツドリンクを多めに、お茶もあれば用意して行った方がいいでしょう。

・塩飴(熱中症対策)

塩飴は、運動して汗をかいて失った塩分を補うのにオススメです。

家族全員分に一袋用意していくといいでしょう。

・凍らせた飲み物を入れたクーラーボックス

先述の飲み物を凍らせてクーラーボックスに入れておけば、いつでも冷たい飲み物を飲むことができます。

・保冷剤

先述の凍らせた飲み物を入れているクーラーボックスに、保冷剤を入れておきます。

クーラーボックスを冷やすこと自体にも役立つのですが、海で遊んで暑くなった子供やパパ、ママの首筋にタオルで巻いた保冷剤をくっつけるとひんやりして疲れを癒せます。

また、子供が熱中症気味になったときの応急処置で、身体を冷やすのにも役立ちます。

ただし、熱中症になったと思ったら早めに病院に行って下さいね!

・冷感シート

これも保冷剤と同様、暑くなってリフレッシュしたいときにオススメです。

おでこにペタッと貼ると冷たくて気持ちよく、暑さがやわらぎます。

ただし、そのまま遊ぶ場合は冷感シート型の日焼けにならないように、顔全体にしっかり日焼け止めを塗るのを怠らないようにしてくださいね!

海の持ち物:保険証など

海の持ち物、保険証など

・体温計

熱中症や、急な発熱があったとき、まず今体温は何度なのか把握できるように、体温計は持っておきましょう。

ただし、熱が低くても体調が悪い場合は早めに病院に行くなど、体温を基準に判断しすぎないことも大事です。

・保険証

楽しい海水浴でも、いつ保険証が必要になるかわかりませんので、携帯しましょう。

岩場でこけて足を切ったり、クラゲに刺されたり、熱中症になったり、海での遊びは何が起こるかわからないものです。

・母子手帳

こちらは乳幼児のために特に必要です。

海水浴中の急な事故などで病院にかかった場合、既往歴や注意すべきことのチェックをする際に必要になります。

母子手帳は乳幼児のためと思われがちですが、小学校に上がる前までの子供も使う機会があるので、念のためその年齢の子供がいる場合にも持っていた方がいいでしょう。

・絆創膏

砂浜の貝殻や岩で足を切ったりすることもあるので、絆創膏を用意しておくと便利です。

家族のものも合わせ、ドラッグストアで買っておくといいでしょう。

・消毒薬(オキシドールなど)

ケガをしたら、水で洗って消毒薬で消毒して絆創膏を貼りますが、その際に消毒薬が必要になります。

ただし、大きなケガの場合は早めに病院に行きましょう。

・虫刺されの薬

蚊や虫に刺された時に使用します。

海の持ち物:衛生用品

海の持ち物、衛生用品

・ウェットティッシュ

水道などが近くにない場合、ウェットティッシュが大活躍します。ちょっと手を拭きたいときや、ビーチボールや遊具をしまうときに便利です。

荷物を少なくしたい方は、次で紹介する除菌ウェットティッシュで代用しても大丈夫です。

・除菌シート(除菌ウェットティッシュ)

昼食でおにぎりやサンドイッチを手づかみで食べる前や、乳幼児のおむつ替えで手を綺麗にしたいときに使用します。

海で水道が近くになくても手軽に除菌ができるので重宝します。

・クラゲよけクリーム

クラゲよけのクリームやローションがあります。

薄く塗るよりたっぷり塗った方が効果があるようです。クラゲに刺されるのが気になる方は使ってみるといいかもしれません。

・虫よけスプレー

主に蚊に刺されないようにするために使用します。

虫よけスプレーをする際は、日焼け止めを塗った上からスプレーするとどちらの効果も発揮できるようです。

・化粧水、クリーム

海から帰る際、海の家などでシャワーしてさっぱりした後に、化粧水とクリームがあると重宝します。

そのままだと乾燥しがちですが、化粧水をした後クリームで蓋をして保湿することで、日焼け後の敏感になった肌も乾燥にさらされずに済みます

海の持ち物:遊び道具

海の持ち物、遊び道具

・砂遊びができる道具(スコップ、バケツなど)

砂遊びができる道具を持っていくと、乳幼児や子供が砂浜で穴を掘ったり山を作ったりして遊べます。

バケツで海水を汲んで持ってくると、穴に溜めて池を作ることもできます。

・ビーチボール

普通のボールと違って痛くないので、近くを人が通っても安心ですし、比較的小さな子供でも遊べます。

ただし、砂に足を取られてこけないように注意して下さいね!

準備をしっかりして、家族で海を楽しもう!

海を家族で楽しもう!

いかがでしたでしょうか。

子供を連れて家族で海に行く、それだけでも沢山必要な持ち物がありましたね。

備えあれば憂いなし、事前にどんなことが起こるか想定して持ち物を準備しておけば、思いっきり海を子供と楽しむことができます。

夏休みに入り、子供とゆっくり過ごせる広いお部屋や、キレイなお部屋を探したくなったらママ賃貸で探すのがオススメです。

お子様の小学校や中学校周辺で簡単にお部屋を探すことができますよ。

今日も子育てを頑張るママやパパが、子供と素敵な時間を過ごせるように、ママ賃貸は応援しております。

テキスト・イラスト:新谷 佳子