賃貸物件でもウォシュレットの取り付けは可能?注意点と設置時の手順

ウォシュレット

賃貸物件を探すとき、トイレにウォシュレットが付いていることを条件にしている人は少なくありません。

また入居時は付いていなくても、後付けでウォシュレットを取り付ける人もいます。

しかしながら、物件によってはトイレにウォシュレットを取り付けできない場合もあります。

この記事ではそもそもウォシュレットの取り付けが可能かどうか、取り付ける際の注意点や手順を解説します。

ウォシュレットを取り付けて、快適にトイレを使用したい人は参考にしてください。

賃貸物件でもウォシュレットの取り付けは可能?

基本的に、賃貸物件のトイレにウォシュレットを取り付けることは可能です。

しかし、無条件でウォシュレットを後付けできるわけではありません。

実際、大家さんや管理会社からウォシュレット取り付けの許可が得られない場合もありますし、そもそも必要なコンセントがトイレにない場合もあります。

ウォシュレットを後付けできる賃貸物件が多いですが、必ず取り付けられるわけではないので注意しておきましょう。

また、トイレにウォシュレットを付ける工事費用は、すべて入居者負担になることが一般的です。

賃貸物件にウォシュレットを取り付ける際の注意点

ここでは、賃貸物件に後付けでウォシュレットを設置する際の注意点をご紹介します。

必ず大家さんか管理会社に許可を取る

賃貸物件は原則として借り物であり、自己判断で設備に手を加えてはいけません。

トイレにウォシュレットを取り付けたいときは、事前に大家さんや管理会社に相談して了承を得る必要があります。

DIY可能とうたっているな賃貸物件もありますが、のちのトラブルを回避するためにも事前に確認しておくことがおすすめです。

トイレにコンセントがあるか確認する

コンセントのないトイレには、ウォシュレットを取り付けられません。コンセントがない場合、まずはコンセントの設置工事が必要です。

もちろん、コンセントの設置工事に関しても大家さんや管理会社の了承を得なければいけません。

なお、3点式ユニットバスの場合は室内にコンセントがないことが多く、湿気の関係から取り付けが難しくなることもあります。

設置工事は高額になることも多いので、ウォシュレットの取り付けが困難になる可能性が高いです。

ウォシュレットの取り付けは業者に依頼する

ウォシュレットの取り付けは、業者に依頼することをおすすめします。

取り付け工事費用は、1万円前後が相場です。業者にお任せすれば、スムーズに取り付けが完了するでしょう。

自分でウォシュレットを取り付ける人もいますが、万が一失敗するとトイレに不具合が出たり、壁や床を傷つけたりして、トラブルに発展する可能性があります。

リスクを避けるためにも、業者に依頼するのが無難でしょう。

ウォシュレットの保有者を明確にしておく

取り付けたウォシュレットの保有者が入居者である場合、退去時に撤去しなければなりません。

一方で、保有者が大家さんになる場合は物件の設備として扱われます。

故障や不具合が起きたときの修繕費の負担者、退去時の対応にも関わってくるので、誰が保有者か明確にしておきましょう。

取り外した便座は保管しておく

ウォシュレットを取り付けたら、備え付けの便座は取り外します。

取り外した便座は、退去するときに元の状態に戻さなければいけない場合もあるので、処分せずに保管しましょう。

なかには、大家さんの意向で元の状態に戻さなくて良い場合もありますが、退去時に考えが変わることもあるので念のため保管しておくのが安心でしょう。

ママ賃貸

ウォシュレットの種類について

トイレに取り付けられるウォシュレットは2種類あります。

ウォシュレットを選ぶ際の参考にもなるので、それぞれの特徴を把握しておきましょう。

貯湯式ウォシュレット

温水をタンクに貯めるタイプが、貯湯式ウォシュレットです。

本体価格が比較的安価で、取り付け費用を抑えられる魅力があります。

ただ一方で、貯湯式ウォシュレットは水を温めながらタンクに貯めなければいけないので、保温に電気代がかかるのがデメリットです。

一度に大量の水を使用するとお湯切れを起こすこともあります。

瞬間式ウォシュレット

水を瞬間的に加熱するタイプが、瞬間式ウォシュレットです。

貯湯式に比べると本体価格が高くなりがちです。しかし、使用する分だけの水を加熱するためランニングコストを抑えられるメリットがあります。

連続して使用しても温水を流せるようになっているので、お湯切れの心配もありません。

タンクに貯水しないため雑菌が繁殖しにくいのも魅力です。

ウォシュレットの購入場所や相場

ウォシュレットの本体価格は、3万円~5万円程度が相場です。

ただ安いものであれば1万円程度、高いものは10万円以上するものもあります。

ウォシュレットは、家電量販店や電気屋さんに加え、インターネット通販でも手軽に購入できるのも魅力です。好きな方法でお気に入りのウォシュレットを購入しましょう。

ウォシュレットを取り付ける手順

トイレにウォシュレットを取り付ける手順は、以下のとおりです。

  1. 止水栓を締める
  2. タンクを空にする
  3. 給水管を外す
  4. 分岐用金具を取り付ける
  5. 分岐用金具にホースを取り付ける
  6. 便座を外す
  7. ウォシュレットのベースプレートを取り付ける
  8. ウォシュレット用の便座を取り付ける
  9. 止水栓を開いて電源を入れる
  10. 動作確認をする

ウォシュレットは、このような流れで取り付けるのが一般的です。

業者に依頼した場合は、この工程をすべて任せられます。業者が作業を進めやすいように、ウォシュレットの取り付けが決まればトイレはきれいに片付けておきましょう。

まとめ

ウォシュレット付きのトイレを条件にしている人も多いでしょう。

ただほかの条件を優先してしまうと、ウォシュレット付きでない賃貸物件になることもあるはずです。

このような場合は、ウォシュレットの取り付けを検討しましょう。

ウォシュレット付きの賃貸物件を探しているなら、ママ賃貸にご相談ください。

ママ賃貸フリーダイヤル