夫婦の共働き、家計管理はどうしてる?計画的にお金を貯めよう

家計管理アプリを上手に利用して出入金を記録

夫婦共働きは、みんなどう家計管理をしてる?

みんなどう家計管理をしてる?

夫婦共働きだとどのように家計を管理しているのでしょうか。
夫の収入を妻が管理している、それぞれが収入を管理している、いろいろとケースがあります。
それらのケースを紹介し、将来に向けてお金を貯めるのに一番効率的な方法はなにか、検証していきます。

家計の管理が共同口座型

夫婦それぞれの口座から、共同口座に天引き

夫婦で共同口座を作って、そこにお互いの給料から生活費を入れて使うケースです。

共同口座を作るとどれだけ生活費の支出があるかわかりやすいので多くの夫婦が共同口座を作っています。

ただ、お互いの口座から共同口座に生活費を天引きし、妻、夫それぞれのおこづかいは自分の口座に残るといった方法だと、問題もあります。
それは、それぞれがお互いのおこづかいを貯めて貯蓄してくれているだろうという期待です。
相手が貯めていると思っていて、実際に夫婦でお互いの貯蓄を確認してみたら二人とも貯蓄していなかったという場合も多々あります。

共同口座は夫婦共同名で作れるわけではない

共同口座とはいいますが、名前を夫婦両方の名義でつくれるわけではありません。
日本の銀行では、だれか一人の名義でしか銀行口座をつくれません。
ですので、夫もしくは妻の名義で作り、二人で共用するようになります。

家計の管理が夫婦別々型

夫婦の口座は完全に別々というケースです。
この場合は収入が多い方が夫と仮定すると、夫の口座から家賃や光熱費を落とし、あとは生活の雑貨や食事代などそれぞれの財布から出すという方法になります。

支出がどこから出るかあいまいになるのと、お互いの貯蓄を知らないと、共同口座型のおこずかいのように、相手が貯めてくれているだろうと期待してなかなかお金が貯まらないといった問題もあります。

家計の管理が生活費は夫、妻は貯蓄型

夫(収入が大きな主な方)の収入は生活費(家賃、光熱費、食費など)に全てあて、妻の収入は丸々貯蓄するといったケースです。
これは、妻の収入は丸々貯めているので、お金が貯まるスピードは早いです。

しかし、夫はお金が入った端からほぼ消えていくので、夫のモチベーションは下がります。

理想的な家計管理、「共同口座+貯蓄用口座」

「共同口座+貯蓄用口座」

貯蓄を確保した共同口座型

結論から言うとこの共同口座型が一番お金が貯まりやすいです。
ただし、共同口座に入れた残りの自分の口座を妻と夫それぞれがおこづかいとして丸々使ってしまうと、貯まるスピードは悪くなります。そこで、貯蓄用の口座の出番です。

貯蓄用の口座は別に作り天引きする

生活費の共同口座とは別に、貯蓄用の口座を作ってお互いの収入から天引きして貯蓄します。
貯蓄用の口座はひとつでもかまいませんが、夫婦それぞれあってもいいでしょう。
貯蓄用の口座は触らずのこしていれば、生活費用の共同口座は一ヶ月使い切れるだけ振込で問題ありません。

貯蓄用口座のお金はマイホーム購入や子どもの学費用に

貯蓄用口座は、基本普段はさわらず、貯めるのに注力します。
そして、夫婦で話しあってマイホーム購入や子どもの大学進学費用など、ここぞという時のために溜めておきます。

共同口座振込分の金額は、収入割合で決める

共同口座振込分は、収入割合で決める

収入に差があるのに同じ額の天引きは揉めるもと

夫婦で収入に差があるのに、同じだけ収入から天引きして共同口座にいれていては、少ない収入の方の不公平感が強まります。

それを解決する為に、夫の収入が多く妻の収入が少ない場合のモデルを例にあげます。

夫40万妻20万の収入の場合

夫40万妻20万だと、収入の割合は2:1です。
その場合は2:1の割合で共同口座に振込します。

  • 夫は30万妻は15万共同口座へ。
  • 夫のおこづかいは10万、妻は5万のおこづかい。

おこづかいは、生活費とは別の自由になるお金ですが、収入を考慮して割合を変えても収入が少ない方が共同口座入金もおこづかいも少なくなりがちです。
配分が不満なようなら夫婦で話し合って微調整しましょう。

家計管理アプリを上手に利用して出入金を記録しよう

家計管理アプリを上手に利用して出入金を記録

共同口座を決めたら、例えばマネーフォワードなどのアプリを利用して口座からの出入金を記録しましょう。
スーパーでの食材の買い出しも、決められたクレジットカードで共同口座から引き落としにすると、マネーフォワードに自動に記録されるのでわかりやすくなります。

クレジットカードは家族カードにすると夫婦で同じ会社のカードを持てるので便利です。
自分の個人的な支出は自分の口座のおこずかいから引き落とす用のクレジットカードがあると便利です。

ライフスタイルが変わり収入が変わったら話し合おう

ライフスタイルが変わり収入が変わったら話し合おう

妻が妊娠出産して、出産後は時短勤務やパートになった場合、今までと同じ金額の共同口座への振込はきびしくなります。
収入が減ったのに今までと同じ振込をしていたのではつらいですよね。

そんな時は振込のお金を減額するよう調整したり、医療費は共同口座から捻出するなど、その都度話し合っていくことがストレス無くお金を管理していく秘訣です。

夫婦共働きで、上手に将来に備えよう!

夫婦共働きで、上手に将来に備えよう!

いかがでしたでしょうか。
夫婦で暮らす以上、できればお互いの家計を把握し一緒に貯蓄をしていきたいものです。

二人で将来家を建てる、子どもの学費を貯めるなど目標をもってお金を貯めていくのはとても意味があり幸せなことです。
女性は妊娠子育てなどでライフスタイルが変わることが往々にしてあるので、夫とうまくお金をやりくりして目標に向かって貯めていきたいですね。

テキスト・イラスト:新谷 佳子

子どもの小学校周辺でお部屋を探すなら、ママ賃貸がオススメです。