ブラックリストでも賃貸を借りられる?入居審査を通過する手段を解説

ボードを持つ女性

ブラックリストに載るとは、滞納などのネガティブな情報が信用情報機関に掲載されることを指します。

ブラックリストに載った状態で賃貸契約の審査を申し込むと、支払い能力を疑われて審査に落ちる可能性が高いです。

信用情報に不安がある方が入居審査を申し込む際は、独立系の保証会社を利用したり、代理契約をお願いしたりするなどの対策を講じることが大切です。

この記事では、ブラックリストでも入居審査に通るための手段をご紹介します。

ブラックリストとは

ここでは、ブラックリストの基本的な知識を解説します。

ブラックリストというリストは存在しない

よくブラックリストに載るといいますが、そもそもブラックリストという名前のリストは存在しません。

ブラックリストに載るという言葉の正しい意味は、信用情報機関にネガティブな情報が掲載されてしまうことです。

具体的に、ネガティブな情報は事故情報、異動情報、滞納情報などの名称で呼ばれます。

信用情報機関にネガティブな情報が登録されると、クレジットカードを作れなかったり、新たな借入ができなくなったりします。

ブラックリストを管理する信用情報機関とは、信用情報を集めて加盟店に提供する機関のことです。

信用情報機関は、銀行系・信販会社系・消費者金融系ごとに管理されています。

信用情報に含まれるのは、本人を識別する情報やクレジットカード・ローンなどの契約内容、支払い状況、利用残高などです。

なぜブラックリストに掲載されてしまうのか

上述のとおり、ネガティブな情報は事故情報といいます。

ブラックリストに掲載されてしまうのは、事故情報の一つの異動の発生が理由です。

事故情報の異動は主に以下を指します。

  • 債務整理
  • 携帯電話料金などの滞納
  • クレジットカードやキャッシュカードの多重申し込み

これらのことが発生した場合、信用情報機関の顧客情報に事故情報が登録されます。

ブラックリストへの情報掲載期間

信用情報機関にネガティブな情報が掲載されるのは、一定期間のみです。

例えば、支払いの遅延や任意整理の場合は5年間、自己破産や個人再生の場合は5〜10年間となっています。

一定期間を経過するとブラックリストから事故情報が削除され、クレジットカードの作成や新たな借入などが可能になります。

ブラックリストが賃貸契約に与える影響

ブラックリストに掲載されると、賃貸契約の入居審査に通るのが難しくなります。

理由としては、「家賃をきちんと支払える入居者かどうか」をチェックするために、入居審査では支払い能力が重視されるからです。

ブラックリストに載っていることがわかると、「支払い能力がない=家賃を滞納する可能性がある」と思われやすく、入居審査に落とされるケースが多いです。

>>賃貸契約の入居審査は何をチェックされている?基準や年収について解説

ママ賃貸

ブラックリストでも賃貸の入居審査を通過する手段

ブラックリストに載ってしまったからといって、絶対に賃貸の入居審査に通過できないわけではありません。

ここでは、ブラックリストでも賃貸の入居審査に通過する手段をご紹介します。

保証会社が不要または独立系を選ぶ

信用情報に不安がある方が入居審査を申し込むときは、連帯保証人を立てれば保証会社が不要になるような物件を選ぶか、独立系の保証会社を利用しましょう。

保証会社が不要な物件であれば、信用情報を確認されないため入居審査に通りやすなります。

保証会社にも種類があり、独立系・LICC系・信販系の順番に審査が厳しくないとされています。

そのため、独立系の保証会社を利用すれば、比較的審査が緩いため、入居審査に通過しやすくなるでしょう。

注意点として、保証会社は物件ごとに決まっていることが多く、自分で選択できるわけではありません。

独立系の保証会社を利用したい場合は、事前に不動産会社に相談しておくのが賢明です。

家賃が安い物件を選ぶ

ブラックリストに載っている方が入居審査を通過するためには、家賃が安い物件を選ぶ方法もあります。

上述のとおり、入居審査の大きなポイントは支払い能力です。

家賃が安い物件であれば支払いの難易度が下がるため、支払い能力を認めてもらえる可能性が高くなります。

一定以上の収入がある親族に代理契約してもらう

ブラックリストに載っていて入居審査を通過するのが難しいなら、親族に代理契約をお願いするのも選択肢の一つです。

代理契約とは、入居者とは別の方が賃貸契約を結ぶことです。

親や兄弟に一定以上の収入があれば、代理契約を認めてもらえることがあります。

自分の名義では審査に通る可能性が低い場合は、親族に代わりに契約してもらうことを検討しましょう。

事故情報が消えるまで待つ

どうしても入居審査を通過できない場合は、事故情報が削除されるのを待つのが得策です。

信用情報機関に掲載された事故情報は5〜10年で消去されるため、時間を空けることで入居審査に通る可能性が高くなります。

ブラックリストから削除されたかどうかを確認したいときは、信用情報機関に情報開示の請求をおこないましょう。

信用情報機関には情報開示の義務があり、自分の信用情報はインターネットや郵送での手続きによって確認できます。

>>賃貸契約の入居審査は何をチェックされている?基準や年収について解説

賃貸契約の審査に落ちたときの対処法

対策を講じて入居審査を申し込んでも、審査に落ちてしまうことはあるでしょう。

ここでは、賃貸契約の審査に落ちたときの対処法を解説します。

別の保証会社の審査を受ける

入居審査に落ちてしまったら、別の保証会社の審査を受けることを検討しましょう。

管理会社や大家さんによっては、保証会社を変えることで再審査してもらえることがあります。

別の保証会社に対応しているかどうかを不動産会社に確認し、可能であればあらためて審査を申し込みましょう。

審査基準は保証会社によって異なるため、再度審査を受けることで通過できる可能性があります。

収入がある親族に代理契約してもらう

入居審査を通過できない場合は、収入がある親族に代理契約してもらうのも対処法の一つです。

代理契約は入居者と別の方が契約を結ぶ方法で、原則として3親等以内の親族が対象です。

なお、物件によっては代理契約ができないケースもあります。

そのため、代理契約をお願いしたい場合は事前に不動産会社に確認しておきましょう。

まとめ

ブラックリストに載っていると、支払い能力に問題があるとみなされるため、賃貸契約の入居審査に通らない可能性が高いです。

信用情報に心配がある方が審査を申し込むときは、独立系の保証会社を利用したり、代理契約をお願いしたりするなどの対策を検討しましょう。

信用情報機関に事故情報が掲載されるのは一定期間のみのため、情報が消えるまで待つのも一つの方法です。

また、家賃が安い物件は支払い難易度が低いことから、審査に通過できる可能性が高くなります。

ママ賃貸では、家賃が安い物件も数多く取り扱っているためぜひ物件情報をご覧ください。

ママ賃貸フリーダイヤル