節約して貯金する方法10選

主婦にとって節約はもはや必須のスキルですね。
では、具体的に貯金を増やすにはどうすればいいのでしょうか。

そこで、節約の方法を10個上げてみました。

この節約方法は、今からでも試せるものばかりです。
どれかひとつからでいいので早速導入して見てくださいね。

何の為に節約するのか、目標を決める

何の為に節約するのか、目標を決める

まず、節約の動機がしっかりしていた方がお金を貯めやすくなります。
例えば下記の目標もあります。

  • 子どもの大学費用を貯めたい
  • 家族で旅行して思い出作りをする費用を貯めたい
  • 車を買い替えたいので費用を貯めたい
  • 子どもの塾の費用を捻出したい

上記の中で何かご自身の家庭で貯金の目標にできる方法はありますか?
例えば旅行なら、10万貯めたい、子どもの大学費用なら公立大学希望で400万貯めたいなど具体的な金額も浮かびやすくなります。
貯金の目標は何でもいいので、具体的にたててみてくださいね。

貯金するための節約方法10選

貯金するための節約方法10選

では早速貯金のための節約方法を10個あげていきます。
すぐに使える方法から、家賃をおさえる方法など色々ありますので参考にしてみてくださいね。

通信費(インターネット代・携帯代)を抑える

通信費、インターネット料金や携帯代がこれにあたります。

インターネット代

インターネット代は、家族がスマホしか使わない家庭は解約してしまうのも手です。
月5000円くらい浮いてきます。

たまには使えないと困る、という場合は、動画を見るなど通信料がかさむもので無ければ、スマホのデザリングで済ませてしまうという方法もありますね。
筆者も一人暮らししていた時はPCのネットはデザリングで済ませていたことがあります。

携帯代を抑える

今は格安SIMが出ているので、docomoやau、softbankの携帯キャリアから格安SIMに乗り換えるという方法があります。
携帯キャリアで月8000円~9000円、多い方だと万を超す方も居ますが、格安SIMは電話番号付きで月額3000円以下程度で押さえることが可能です。

その変わり、お昼と夕方が低速になってしまうということもありますが、それが気にならない人は格安SIMも検討してみるといいでしょう。

クレジットカードのポイントを溜める

銀行の預金の利息は全然貯まらないイメージですが、クレジットカードのポイントは1%
を超えるものも多々あります。
ポイントを溜めて、例えばネットショッピングや提携の書店でポイントで買い物できます。

しかし、ポイントをお得に使えるのは一括払いで支払いを滞納しないこと前提です。
リボにしたり滞納してしまいそうなのがわかる方は最初からクレジットカードを利用しない方がいいでしょう。

クレジットカードでリボ払いはしない

クレジットカードのキャンペーンで、支払いをリボ払いにしたら何千ポイントプレゼントなどありますが、沢山ポイントがもらえるにしてもリボは一生しない方が賢明です。
毎月の出費が少額になりますが、その分借金を遅らせていて、平均18%近い利息を払うことになります。

ポイントの貯め率が1%なので、最初ポイント目当てでも利息18%で返済金が膨らんでしまうので絶対にやめましょう。

家賃を抑える

多くの家庭で家賃が一番の出費です。
月々の家賃を抑えることができたら、例えば月7万円の家賃が5万円に減るだけで、月2万節約することができます。

例えば今より間取りが変わらず、家賃が月2万円も浮いたらかなりお得ですよね。
もちろん、住み心地も外せないポイントですので、しっかり検討したいところです。

子どもの小学校や中学校周辺で理想にピッタリのお部屋を探すのは、ママ賃貸がオススメです。

学区内や、学校から半径●km以内などで探せて、追加でペット可、敷金礼金無しなど色々な条件を追加できるので、是非物件を検索してみてくださいね。

保険料を見直す

月々の保険料が多くかかっていたら見直すことも必要です。
保険料が多くて将来還付もないものなら、いっそ県民共済で掛け捨てにして出費を抑えたりもできます。

しかし、ご主人や自分の会社の年末調整で生命保険料控除ができるならこの限りではないので、ぜひ見直しをしてみてくださいね。

食費を抑える

食費を抑える

食費も節約しやすいポイントです。

外食を少なくし自炊する

やはり外食は少し割高になってしまいがちです。
一人暮らしで材料が余ったり腐らせてしまう危険がなければ、家族住まいでは自炊が節約のポイントになります。

スーパーで特売日をチェックして、料理アプリで節約レシピを探してお特な食材で自炊したり、週末に作り置きをして平日のおかずにしたりすれば、大分節約できます。

コンビニ代を抑える

コンビニはスーパーより割高になりがちなので、コンビニ代は節約する方向がいいでしょう。
例えばご主人が豆乳が好きで毎日豆乳の小さいパックをコンビニで100円で買うとします。
それがスーパーだと70円だと、差額で30円毎日かかります。
その場合スーパーでまとめ買いをしておき、毎日持って行ってもらうようにすると、30×22日で660円浮きます。

年間だと7920円浮くので、バカにならないですね。

ちなみに安いスーパーが近くに無い場合は、通販という手もあります。
豆乳以外にも、缶コーヒーが1ダースで1缶あたりが割安で送料無料、もよくありますので、ご主人のお気に入りの飲み物があればチェックしてみるのもいいでしょう。
コーヒーなら、職場でインスタントを自分で入れてもらっても節約になりますね。

お酒や飲み会代、タクシー代を抑える

お酒や飲み会代、タクシー代を抑える

これも大きな節約ポイントになります。

飲み会代を抑える

飲み会代は飲み放題でも大体4000円くらいはかかってしまいますので、節約を考えると月の回数を抑えるとすぐに4000円が丸々うきます。
付き合いもあると思うので、全部行くなとは言えませんが、最低限お金を使うところを決めておくといいでしょう。

飲み会のタクシー代を抑える

タクシー代は近場でもかさむと結構な出費になります。
終電や終バスがある一次会で帰ったりする工夫をしましょう。

お酒(晩酌など)の出費を抑える

また、晩酌も毎日何本もビールを飲むとお金がかさむので、発泡酒一本にしてもらうなど、妥協できるところは妥協していくといいでしょう。

タバコをやめる

タバコは1箱450円くらいかかりますが、それが毎日になると、450×31で13950円になります。
それが年間で12ヵ月だと、167400円になってしまいます。
家族旅行が行けてしまいそうな結構な金額になりますね。

タバコをやめるのが一番いいですが、難しい場合は本数を減らすところからトライしてみましょう。

フリマアプリで不用品を売る

今はメルカリなどフリマアプリが沢山ありますが、使わなくなった服や、読まなくなった漫画などどんどん売ってしまいましょう。
ブックオフ等で漫画を売ると一冊30円程度ですが、フリマアプリで売ると新しいものだと半額以上で売れることもざらにあります。
送ったり梱包したりが少し手間ですが、手っ取り早く家計の足しにするにはもってこいです。

賢く節約して貯金を増やそう

賢く節約して貯金を増やそう

いかがでしたでしょうか。
貯金を目標にして節約を行うにも、色々な方法があるのがわかりましたね。
すぐにできることから、時間がかかりそうなことまで色々あったと思います。

冒頭でもお話しましたが、貯金の目標を明確にしてしっかり節約して是非目標金額到達を目指してくださいね。
節約をクセづけると、毎月貯まる金額も上がってくると思います。
お金に余裕ができて、子育てママの毎日が充実することをママ賃貸編集部はお祈りしております。

子どもの小学校の学区で賃貸を探すなら、ママ賃貸がオススメです。

テキスト・イラスト 新谷佳子